立地論

不動産の立地について紹介します。

suumo新築マンション2019.3.5

居住地域と中学受験:サピックス考(1)総論

忘年会以来書く書く詐欺が疑われているので、今回はスムログはじめたときから書く書く書いていた、サピックスねたです。 とはいえ、そもそもサピックスって何?という方もいるでしょうから、まず中学受験総論から。最新の冊子suumo新築マ...
夕凪橋1981

高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(3)芝浦4丁目 後篇

(前篇から続く) 以下に昔と今の芝浦4丁目の様子をまとめる。今の様子は実際に取材して写真を撮った。芝浦4丁目は、「田の字地区」と呼ばれる西側と、いまは「芝浦アイランド」と呼ばれる東側に分かれている。 芝浦は運河の街なので...
高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(3)芝浦4丁目 前篇

高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(3)芝浦4丁目 前篇

すっかりごぶさたのシリーズ3回目です。 (スムログに書かないうちに夏が過ぎ^^;)秋となり文化祭シーズンですね。受験ネタ寄りになりますが、最近の中高一貫校はアクティブラーニングに力を入れていて、中学受験生にアピールする場でもあ...

人は実物を見るまでなかなか信じられない。だから再開発物件は面白い。

有名な話ですが、豊洲にアーバンドックららぽーと豊洲ができるのが確定したのが2004年9月、実際に開店したのは2006年でした。この間、リーマン前のプチバブル期でマンション価格がマクロでガンガン上がったとはいえ、実は豊洲の地域評価...

『都心に住む』トークライブ「TOKYO未来予想五輪後も価値ある街とは?」

以前のエントリで考古学したとおり、都心マンションについて考察するにあたり、リクルート「都心に住む by SUUMO」(以下「都心に住む」)は避けて通れませんね。 その「都心に住む」がこのほど15周年を迎えたとのこと。 htt...

高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(2)北西サイド編part2.(仮称)レジデンスブラッサム芝浦

湾岸考古学シリーズ、次をどうしようとまた間があいていたら、例によってTwitterでお題が流れてきました。 https://twitter.com/Luketristar/status/782929515483770881 ...
高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(2)北西サイド編part1.芝浦小学校

高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(2)北西サイド編part1.芝浦小学校

すっかり間があきましたが、シリーズ2回目です。 前回ご紹介した東京ベイシティタワーは、なんと書いた直後に完売してしまいました。港南エリアで触れようと思っていたベイクレストタワーも完売しましたね。 今回は向かいの北西サイド、ラ...

湾岸考古学シリーズ:都心×湾岸の推移 後篇

皆さん、ツール・ド・フランスはご覧になられていたでしょうか? はい、すっかりスムログがおろそかになってしまいスミマセンでした。前篇からの続きで、「都心に住む」バックナンバーから読み解きます。 2005 vol.24 2030年、...

湾岸考古学シリーズ:都心×湾岸の推移 前篇

きっかけは、これまで誰しも聞けなかった素朴な疑問でした。 https://twitter.com/sumaatone/status/752093722238603264 湾岸都心丸さんウォッチャーは超期待。 https:/...
高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(1)序章~北東サイド編

高浜橋北詰に見るタワー文明の勃興(1)序章~北東サイド編

10年以上前にマンション湾岸戦争と言われた港南・芝浦エリアを縦断する旧海岸通りを南下すると、芝浦と港南の境となる高浜西運河にかかる高浜橋で急に狭くなります。 災害発生時に危険ということ(名目?)で、2020年に向け架け替えの準備...