スポンサードリンク


こんにちは!すまいよみです。

晴海フラッグ」SUN VILLAGE第2期、SEA VILLAGE第2期2次の登録が始まりましたが、立て続けに「住まいの相談」をいただきました。

「足立区のAマンションと晴海フラッグで迷っています」
「江戸川区のBマンション晴海フラッグで迷っています」

SUN VILLAGEであれば、60~70㎡住戸が5,000~6,000万円台。城東エリアの新築マンションと遜色がない価格で検討できるわけですから、よくわかります。

「晴海フラッグ」は、非常に魅力があるマンションですが、まず、家族に見合ったエリアでの生活スタイルや生活費負担、マンションのランニングコストなどの視点から、本当に安いと思えるかを伝えています(関連記事)。(すまいよみメインブログへ:近郊や郊外でマンションを検討している人へ。晴海フラッグは本当に安いか?)

その上で、残りの販売住戸が少なくなる中、今回のSUN VILLAGEの売出しは、60~70㎡規模の間取りが中々シビアだと思っています。


例えば、70㎡前後の3つの間取りを見てみましょう。

5E68(68.28㎡)2LDK
5E72A(72.02㎡)3LDK
5D71(71.54㎡)3LDK

 

5E68(68.28㎡)2LDK

(出展:HARUMI FLAG 公式HP)


68㎡もあって、家族3人でゆとりの2LDKと思いきや、この間取りはDINKS向けです。

リビング・ダイニングが13畳表記ですが、赤い廊下部分(約3.5畳)を除くと、家具を置けるスペースは実質9.5畳ほどで、ダイニングテーブルとソファをどちらか諦めるか、両方置くなら小さい家具にしなければいけないレベル。


加えて、洋室(2)が窓無し、更に柱の浸食があって、家具が置きづらい歪な空間。赤い柱の分も畳数に含まれるので、実際は4.5畳程度。ですから、家族2人で住んで、洋室(2)は作業部屋にするか、壁を抜いてLDを広くするくらいしか、快適な生活が見当たりませんでした。

 

5E72A(72.02㎡)3LDK

(出展:HARUMI FLAG 公式HP)


72㎡のゆったりめの3LDK。60㎡台の3LDKが増えている事を思えば、十分な広さです。通常であれば家族3~4人で住めそうですが、この間取りはどうでしょうか。

まず、収納が圧倒的に足りません。夫婦の寝室が、通常必要な収納量(夫婦の夏物、冬物)の1/3~1/4程度。リビング・ダイニングは11.5畳表記ですが、先ほどの間取りと同じように廊下部分の約2畳を除けば、9.5畳程度。狭いです・・・。隣の洋室(3)は窓なし。洋室(3)を開けてLDと一体空間にするか、収納スペースに充てるか、家族4人での生活は手狭で、3人で住むのに適した間取りだと思います。

 

5D71(71.54㎡)3LDK

(出展:HARUMI FLAG 公式HP)


内廊下設計でワイドスパン。各居室に窓があり、中々良い間取りですね。1点とても残念なのが、LD内部に向けた、ドアの軌跡です。このおかげで、LD内に家具を配置するスペースが1畳分損しています。ドアの軌跡が干渉する部分は、家具がある部分だけではありません。人が椅子に座る部分、もっと言えば、椅子から立ち上がるときに、椅子を後ろに引く部分もスペースが必要になります。そうすると、赤い部分にダイニングテーブルを置きづらくなります。つまりデッドスペース化してしまいます。

(出展:HARUMI FLAG 公式HP)


先に挙げた間取りの13畳、11.5畳よりは、上手く家具を置けるはずの整形な10畳の空間だっただけに、もったいないですね。引き戸にするか、扉の軌跡を廊下側にするか、考えてほしかったです。この程度であれば、リフォームで対応できる問題かとも思いますが、そもそもこのタイプは、バルコニー前にタワー棟が被ってしまう住環境と、内廊下設計で坪あたりのランニングコストが、他の70㎡前後の住戸よりも割高、月々40,000円以上の負担になります。


以上、3つの間取りタイプを見てきましたが、60~70㎡程度の限られた空間では、正直無駄なスペースが多い住戸が間取りが多く、収納を含めた空間効率をもう少し考えて欲しかったなという印象です。

「晴海フラッグ」、特に今回の分譲は、海を見渡せる広大な住空間のSEA VILLAGEや、SUN VILLAGEでも80㎡以上の住戸を検討できる予算がある人なら、文句なしに選び甲斐があります。私も心から住みたいです。

しかしながら、「足立区や江戸川区のマンションと晴海フラッグ」同程度の専有面積で、価格が近いから悩んでいる人にとってはどうでしょう。

場合によっては近郊や郊外のマンションよりも倍以上の負担になるランニングコストに、重たい固定資産税、都市計画税、駅徒歩20分前後の立地での生活スタイル、中央区界隈に住む生活コスト、そして、限られた専有面積の居住性。

自分達が思い描いていた住まいになるでしょうか。家族が余裕をもって暮らしていけるでしょうか。

「価格が安い」「リセールが良さそう」ありきで購入して住み始めると、後悔の大きな種となります。住まいは家族との幸せな生活があってのもの。その辺をよく考えて、再度、住まい選びに落とし込んでみてはいかがでしょうか。

「自分に合った住まい選びをするにあたり、価格が安くて魅力あふれる晴海フラッグには気をつけろ!」

すまいよみメインブログはこちらから


資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【HARUMI FLAG】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

スムログ記事

スムラボ記事

スムログ出張所(マンションコミュニティ)

ABOUTこの記事をかいた人

ファミリーで永住できる居住性を第一に、資産としての側面も合わせて見るのが、すまいよみマンション選びのモットー。ただしマンション選びに失敗しても深刻になる必要はありません。今や住まいは一生物の買い物ではなく、僕も4度のマンション購入を経て満足の境地に達しました。
東京東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)のマンションを日々探訪しています。
運営ブログすまいよみブログ
マンションコミュニティスムログ出張所スレ

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)