マン点流!見える化(晴海フラッグへの関心)

スポンサードリンク

スムログ座談会では「晴海フラッグ」を肴に盛り上がっている。

そこへ、はるぶーさんの「結構MR空いてる…」ツイートが流れてきた。

【もくじ】
晴海フラッグは息切れ気味なのか?
世間一般の関心はどうなのか?
マンコミ投稿者の関心の変化

晴海フラッグは息切れ気味なのか?


晴海フラッグの分譲住戸は4,145戸。第1期販売600戸に対して、登録申し込み数1,543組で、平均倍率2.57倍(最高倍率71倍)だったという(三井不動産Rプレスリリース 8月7日)。

晴海フラッグは、第1期を販売したところで息切れ気味なのか? 世間の関心を見える化してみよう。

不動産・マンションの口コミ掲示板「マンションコミュニティ」で「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」に投稿された件数は3万件を超えた(11月10日現在)。

昨年6月以降の投稿件数を見える化したのが次のグラフ。これまでの主なピークは次の3つのイベントと関連していることが分かる。

  • 18年10月31日:計画概要の発表
  • 19年4月27日:モデルルームの見学開始
  • 19年8月5日:第1期抽選(登録受付:7月26日~8月4日)
口コミ掲示板への投稿数の推移(HARUMI FLAG)
第1期抽選後、マンコミ投稿者の関心は低下傾向にあるように見えなくもない。

世間一般の関心はどうなのか?

では、世間一般の関心はどうなのか?

マンコミ投稿者の投稿件数の推移グラフにGoogleトレンドの検索キーワード「HARUMI FLAG」の検索指数の推移を重ね合わせたのが次のグラフ。

世間の耳目を最も引いたのは、昨年10月末に三井不動産Rなど11社が大々的に晴海フラッグをお披露目したときだ。でも、今年のゴールデンウィークにモデルルームの見学をスタートさせたときは、マンコミ投稿者の盛り上がりとは異なり、世間の関心は高くなかったようだ

HARUMI FLAGへの関心の推移

マンコミ投稿者の関心の変化

晴海フラッグの膨大な投稿データ(投稿件数3万件、約250万文字)を処理したついでに、投稿者の関心がどのように変化しているのか、テキストマイニング分析をしてみよう。

フリーソフト「KH Coder」を使うことで、投稿文章を単語や文節で区切り、それらの出現回数や出現傾向などを解析することができるのだ。18年11月以降、月ごとに抽出した特徴的な言葉上位10語から マンコミ投稿者の関心の変化を以下に示す。

18年10月31日に晴海フラッグの計画概要が大々的に発表されてから、投稿者の関心は「価格」から「交通利便性」に変化していく様子が読み取れる(次表)。

「価格」から「交通利便性」へ関心変化
19年3月以降、「交通利便性」に係る投稿は一段落し、投稿者の関心は「価格」へと移る(次表)。モデルルーム公開発表の影響なのであろう。

「価格」への関心が高い時期
19年7月以降、投稿者の関心は「交通利便性」「価格」に「抽選」が加わる(次表)。7月26日からの第1期住戸登録受付開始(8月5日抽選)の影響なのであろう。

「抽選」への関心が加わる
第1期2次(19年11月下旬販売開始予定)に向けて、晴海フラッグへの関心は再び高まるのか……。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)