パークタワー勝どき(ミッド/サウス)の「転売価格」を可視化

湾岸タワマン、転売ヤーの上乗せ価格には驚かされる。

湾岸エリアの周辺物件と比べて格安な晴海フラッグの上乗せ価格には「さもありなん」と思ったが、パークタワー勝どき(ミッド/サウス)の上乗せ価格はヤバい。

当初販売価格と転売価格

パークタワー勝どき(ミッド/サウス)の転売価格の水準をザックリ可視化してみた(次図)。

横軸を専有面積、縦軸を価格(当初販売価格、転売価格)として描いた図をみてほしい。当初販売価格よりも転売価格が高い状況が一目瞭然であろう。

専有面積が大きい住戸ほど、当初の販売価格に上乗せされている金額が大きい傾向が見られる。

パークタワー勝どき、当初販売価格と転売価格

【メモ】データの出所は次の通り。

転売価格「上乗せ率」

SUUMOにパークタワー勝どきとして掲載されている転売住戸38件(11月10日現在)のうち、当初販売価格が分かっているのは31件。

31件の転売価格への「上乗せ率」(={転売価格-当初販売価格}÷当初販売価格×100)を計算し、可視化してみた(次図)。

パークタワー勝どき、転売価格と上乗せ率
上乗せ率は最大で130%(+1億2,320万円)、最小でも41%(+2,910万円)。平均79%(+7,532万円)のボロ儲け状態である。

ただし、転売価格は成約価格ではない。あくまでも転売ヤーの希望価格である。今後転売住戸が増えていくと上乗せ率は低下するのか。株価が与える影響も少なくないだろう。

晴海フラッグとの比較

「パークタワー勝どき」と「晴海フラッグ」の転売状況を比較してみた(次図)。

晴海フラッグの当初販売価格の水準は極めて低いため、転売価格はそれなりに上乗せしやすかった。

一方、パークタワー勝どきの当初販売価格は高い水準であったところに、転売価格はエゲツナイほどに上乗せされていることが分かる

パークタワー勝どきvs晴海フラッグ2
※晴海フラッグのデータは40件(23年10月20日現在)。

あわせて読みたい

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【パークタワー勝どき ミッド/サウス】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

スムログ記事

スムラボ記事

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/長寿ブロガー(19年超)

1 個のコメント

  • ガウス より:

    こうなってくると、益々パークタワー勝どきの成約価格が気になってきますね…
    追加レポート待ってます!

  • コメントを残す

    「コメント」と「名前」は必須項目となります。


    ※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)