一度断ったマンションだけどやっぱり買いたい。販売側からはどう思う?

スポンサードリンク

のらえもん宛にメール届きましたね、ありがとうございます。

−−−

お世話になります。

昨年、マンションを購入しました。入居に時からトラブルが続いております。
インテリアオプションがオーダーしたものと違ったり、違う部屋についていたりとか、室内の設備に不備があり、すぐ故障したり(これは修理してもりました)、3ヶ月メンテで直してもらったところがまたすぐに不具合出たりと災難続きです。ここに住み始めてからストレス続きですでに住み替えたいと思っております。
売却の相談したところ、売却に関しては残債も残らずに十分に売却できそうなのですが、購入の際に比較検討していてお断りした物件に再度、購入意思を伝えるのって有りなんでしょうか?
他を購入したので断っておきながらやっぱり買いたいですっていうのは人間的どうかと思うのですが、販売側の心理としては受け入れたくないものなんでそうか。

よろしくお願い致します。

−−−

えっえっ、せっかく買った新築マンションをすぐに手放しちゃうんですか?

 

インテリアオプションが違うとか、違う部屋についているとか壊れているとかはとんでもないですね。工期に余裕が無かったんじゃないかと推察します。納得する前すべて指摘して是正してもらいましょう!遠慮はいりません、消費者として当然の権利です!これが、はるぶーさんだったら打診棒で(略

さて、どうしても気に入らない、また新しく買い直してやり直したい。そんなこともありますよね。私も新婚当初、週2で予告なしに友人たちを連れてきては夜中までどんちゃんやったら、もうエラい怒られてちょっと・・・あれ何の話をしていたんでしたっけ?

 

新築マンションが残債も残らず本当に売れるのかはわかりませんが(あくまでも査定は仲介店の「がんばりまーす!」程度であることも多く、専任で任せたのに客が全然つかずにしばらくすると値下げしろしろ攻撃に会うこともあります。自分自身で周辺相場をチェックしましょう。もし自信がなければ私にでも連絡ください)、もし残債残らず売却できるなら、別のマンションを買いたいということですよね?

 

ほか物件の営業担当者からすれば大感激でしょう!だって、逃した魚が戻ってきたんだから!

ただし物件を売却することが前提でしょうから、「売却できないとお客にならない」のです。完成済み物件だと決済までのスケジュールがタイトなので、向こうも渋い顔をします。

 

本当に新築時から残債なしですぐに売れるか、それをまずチェックするのが先ではないか、のらえもんはそう思います。なお、仲介手数料もかかりますし私ならそのまま住みます…理由があって、いまお住まいのマンションを選んだのでしょうから。

スポンサードリンク

資産価値を最大限重視した住まい探しのお手伝い【住まいスタジアム】

のらえもんの本拠地【マンション購入を真剣に考えるブログ】

ABOUTこの記事をかいた人

マンションコミュニティをご覧のみなさまこんにちは!東京湾岸タワーマンションに居住中という設定の湾岸妖精・のらえもんです。 マンション購入ということに真正面から真剣に考えたブログを運営して早7年、スムログもやってます。よろしくお願いします!
運営ブログマンション購入を真剣に考えるブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)