【お便り返し】マンションを購入するとき現金はいくら手元に残せばいいのか?

スポンサードリンク

勝どきちゃんです


こんにちは~勝どきちゃんです。令和もよろしくお願いします!
(私のパソコン、「れいわ」で変換できなかった。買い換えどきかもしれない)
質問をいただきましたので回答させていただきます!

 

差出人:のりこ様

私は新築分譲マンションを契約したばかりの45歳の独身OLです
ローンを組むことになりそうなのですが、頭金を計画する際、手元にいくら残せばいいでしょうか。
実家→マンションになるので、家具や家電はすべて新調します。
インターネットで調べる限り、3~4か月と書いてあったり半年程度と書いてあったりしますが、そういう記事はファミリー層に向けてのことで、誰も助けてくれない独身は一体手元にいくら残せば安心できるんでしょう。
勝どきちゃんさんはどのくらい手元に残されましたか?

のりこさん、ご質問ありがとうございます。そして新築マンションのご契約おめでとうございます!入居に向けてワクワクされている時期かなと思います。いいないいな~

さて「手元にいくら残すべきか」というご相談ですが、現金として手元に残したい(残しておくべき)お金、内訳はざっくり以下に分けられるのかなと思います。

①諸費用(ローン手数料や登記費用など、決済までにかかるお金)
②新調する家具家電+日用品
③オプション費用(利用していれば)
④引越し代
⑤その後の生活のため残しておきたい貯金


①~④は必ず出ていくお金ですし、⑤を「いくら残すべきか」は人それぞれの生活や家計によって違いますよね。いくらあれば安心できるかは人によって様々です。

もしかしたらのりこさんはここを一番知りたいのかなと思ったのですが、これはFPさんとかの領域になり、残念ながら私はFP3級しか持っていないので、ここを明確にお答えすることはできません。ごめんなさい。全世界に当時の預金残高を公開するのも抵抗があるので、控えさせていただきます。ごめんなさい。(仮に私は30万でしたと言っても、1000万でしたと言ってもあまり参考にならない気がします)

これでは何の参考にもならず申し訳ないので、上記①~④について考えてみます。
私も家具家電は(洗濯機以外)全て新調しましたので、それも含めてどのくらいかかったかを振り返ってみますね。

①諸費用:購入額の3%~5%

いきなり申し訳ないですが、これどのくらいかかったかよくわかりませんでした。。
でも一般的には、新築マンションの場合は購入価格の3%~5%と言われていますね。
購入物件が3,000万円なら90万~150万円、4,000万円なら120万~200万円、5,000万円なら150万~250万円ぐらいという感じです。

ちなみにこの内訳は【ローン契約時に必要な印紙代/ローン手数料・保証料など/登記費用/修繕積立基金/固定資産税(都市計画税)清算金】です。

住宅ローンの有無、またその借り入れ額や物件によって結構変わってきます。

これは契約したデベロッパーに相談したら概算の見積もりを出してくれると思います。

②新調する家具家電+日用品代:約\1,050,000

あくまで私の例ですが、当時すべて揃えてこんな感じの出費でした。内訳は以下です。興味なければ飛ばしてね。

・ベッド(フレーム+マットレス+布団):\200,000
・ダイニングセット:\87,000
・テレビとDVDレコーダー:\170,000
・電子レンジと冷蔵庫:\130,000
・照明:\16,000
(量販店のポイントで賄えたので安かった)
・掃除機:\40,000
・テレビボード:\4,0000
・ソファ:\160,000
・カーテン:\100,000
・その他日用品こまごま:たぶん\100,000ぐらい

③オプション費用+保険:\420,000

オプションとしては【姿見・窓のUVカットフィルム・フロアコーティング・お風呂のコーティング】をやったのですが、
合計でだいたい\300,000ぐらいでした。(超ざっくり)

③に含めてしまったのですが、地震保険も一応加入しまして、これが\120,000ぐらい。

④引越し代:\43,200

都内→都内、従前の家具等大物はほとんど無い単身の荷物量、繁忙期ちょっと前の平日昼間、の額です。

これ、本当は最初に提示された額の約半額となりました。(8万て言われた)
引越しの相場はよくわからない(ていうか、あってないようなもの)ですが、引越し業界に明るい友人によると「充分!(安い!)」だそうでした。

いろんな事情(とテクニック)によってここまで値引きしてもらうことができて、とてもラッキーでした。
この経緯は需要があればお話します。

 

上記、②~④の合計が約150万!
「引越しになんだかんだ200万ぐらい使ったな~」という印象でしたが、諸費用も考えるともっとですね。。当時、日々買い物しすぎて「もうお金使うの疲れちゃった…」ってなったのは初めての経験でした。

諸費用、保険などは確認すればすぐにわかるはずですので、
現預貯金から、それらと、ご自身が「これぐらい口座にあると安心できる」額を引いた額から、新調される家具家電やオプションの予算、そして頭金を考えるとよいと思います。

なんだかとても当たり前な結論になってしまいましたね。少しでも参考になると嬉しいです。
新しい生活を想像して準備する、とてもワクワクする時間だと思います。楽しんでください!!

 

おもいしろいツイッターやってます

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

すべての独身女性(男性も)のマンション購入を応援しています。