マン点流!(回答)マンション・パンフを処分する方法

スポンサードリンク

「マンション見学マニア」さんから、指名なしのシンプルな質問が飛んできた。

 大量に場所を取っているパンフレットの処分方法の問合せである。

モデルルームでもらったパンフを処分するように嫁に言われました。

大量に場所をとっているので怒られても致し方ないのですが、どう処分するのがベストでしょうか?

お知恵を拝借下さい。

「適当に捨てればいいじゃん」とも思ったが、「マンション見学マニア」さんからの問いにはもっと奥が深い内容を含んでいるのではないか――。

ランニングマシンで30分走りながら考えた、マン点流の回答を紹介しよう。

【もくじ】


 

(1)パンフを有効活用する

せっかく大量に集めた思い出深いパンフを捨てるのは忍びないので、せめて有効に活用したいという「マンション見学マニア」さんの思いがあるのではないのか?

せめて収集に費やした時間をお金に換えられないか、とか考えておられるのではないか?

だとすれば、メリカルに出品してはどうか?

たとえば、価格表付きのパンフレットがいい値段で出品されている(9月4日現在)。

  • ザ・セントラル マークタワー :1500円(送料込み)
  • クロスエアータワー :1,600円(送料込み)

あるいは「住まいサーフィン」サイトで、まだ登録されていない価格表であれば買い取ってくれる(ただし、キャッシュではなく、ポイント付与だが)。

(2)環境に優しく処理する

「マンション見学マニア」さんは、環境に負荷を与えないで処理する方法を模索されているのではないのか?

都内であれば、「燃やすごみ」「燃やさないごみ」「資源ごみ」「プラスチック」が基本(たぶん)。

パンフレットを「雑がみ」(資源ごみ)として処分すれば、再利用されるので環境にとって優しい
仮に「燃やすごみ」に出してしまっても、最終的には焼却炉で熱エネルギーとして回収されるので、燃やさないごみ(=埋め立て処分)よりはましだろう。 

(3)ブロガーの回答力が試されている!?

で、結局「どう処分するのがベストでしょうか?」に対する答えとしては、「マンション見学マニア」さんに時間的な余裕があるのならば、メリカルや「住まいサーフィン」に買い取ってもらい、残ったパンフを「雑がみ」(資源ごみ)として処分されてはどうか。

以上で、「マンション見学マニア」さんが期待されていた回答になっているだろうか。

ひょっとして、「マンション見学マニア」さんは、シンプルな質問に対してマンションブロガーがどのような回答を示すのか、ブロガーの回答力を知りたかっただけなのかもしれない、なんてことも考えています。

いずれにしても、質問する際には、なるべく回答者を指名したうえで、できるだけ具体的にされたほうが、ブロガーも回答しやすいですね。

マン点流!裏ワザ(確実に回答を得る方法)

あわせて読みたい(マン点流!回答)

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)