グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCEを見学してきた!(感想)

スポンサードリンク

こんにちは!住井はなです。
私は「住まい」が大好きなので、旅行先でも時々モデルルーム見学をしたり、中古物件を見学したりします。

現在、夫が関西で単身赴任をしており(頻繁に東京に戻ってきているので半単身赴任かな…)、数年以内に私と子も移住の可能性が出てきたので関西エリアでマンションを探してみることになり、“初”物件として「グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」を見学してきました!
私は全く地縁・相場観がないので物件を評価するのは難しく、ただの感想になります!

淀川の花火が家から見えたら、毎年夏の楽しみになりますね!


<物件概要>
所在地:大阪府大阪市北区大淀南2丁目2番1(地番)
交通:JR京都線・神戸線・宝塚線・大阪環状線「大阪」駅(桜橋口)徒歩14分、JR大阪環状線「福島」駅徒歩8分、JR東西線「新福島」駅(1号出入口)徒歩10分
総戸数:住戸871戸、店舗3区画
階数:地上51階地下1階建
入居(引渡)予定       2022年1月下旬予定
駐車場:352台(機械式)
バイク置場:バイク置場18台、ミニバイク置場158台
自転車置場:1,742台
売主:積水ハウス株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、東急不動産株式会社 、東京建物株式会社、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社、株式会社アサヒプロパティズ
施工:株式会社竹中工務店大阪本店

「これからに期待」できるエリア

地縁がない私が初見学物件に「グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」を選んだのは、なんとなく大阪駅に近いから。“大阪府で大阪駅に近いって、東京駅に近いみたいなもんでしょ?!”という単純な理由。あと、1期や2期で買いたい住戸を選ぶためにも販売初期の大規模という観点もありました。

マンションは北梅田エリアに位置し、「大阪」駅まで直線距離で約800m圏内という好立地。ただし、現時点では、うめきた2期区域を階段やスロープを上り降りする遠回りのルートになります(表記は14分)。

ただし、今後うめきた2期の開発が進んだら、状況は変わってきます。広大な公園やオフィス、ホテル、住宅の高層ビルが整備され、もう少し直線距離で大阪駅に行けるようになりそうです。うめきた2期エリアの地下には2023年にJRの新駅「(仮称)北梅田」駅も開業予定。新駅はマンションからは10分かからないくらいの位置になりそう。2031年には地下鉄新線「なにわ筋線」の乗り入れも予定。新大阪や関西国際空港へのアクセスも良くなるので東京にも戻るのも、旅行に行くにも便利でいいなと思いました。うめきた2期エリアは街びらきは2024年を予定されています。

立地イメージ図(公式HPから)


最寄り駅は、福島駅(徒歩8分)。駅まわりは雑多な感じはしましたが、歩道のしっかりあるなにわ筋をまっすぐ歩くので、子どもと歩きやすかったです。駅まわりにはリーズナブルなチェーン店を始め飲食店も充実しています。
現地は落ち着いた住宅街という印象。隣の「グランドメゾン新梅田タワー」もデザインが良くエリアの印象をアップさせていると思いました。公園なども点在し、暮らしやすそうな雰囲気です。

現地周辺、なにわ筋の写真。福島駅から歩いて来るルートになります。

個性的な外観・開放感ある眺望・豪華な共用施設

敷地は太めのL字型。その地形からシーズンフォレストという大きな提供公園ができます。さらに、店舗棟がありスーパーと保育園などを誘致予定です。

配棟図(公式ホームページより)


今回、大阪市内をタクシーで走っている時に色々なマンションを眺めていたのですが、結構ポツンと建っていて眺望が抜けそうなマンションも多いですね。
グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」は残念ながら東側と南側は中層階まではあまり抜けません(上層階はまたちょっと違ってきますが、お値段もそれなりに…)。南側は「ザ・シンフォニーホール」があってその先に「シティタワー西梅田」。東側は両側に「グランドメゾン新梅田タワー」と「ローレルタワーサンクタス梅田」があります。東側はうめきた2期を眺める方になるので、うめきた2期の公園や広場を眺めることになるのは魅力的ですが、その間に複数建物があり気持ちのいい「抜け感」はありません。また、将来的になにわ筋を挟み向かい側にマンションの19階相当くらいの高さの建物ができる可能性があるそうです。

一方、北側と西側は低い建物中心で、10階くらいでも抜けてきます。ある程度の高さからは淀川側の解放感のある眺望が望めます。
モデルルームで、梅田スカイビルからの眺望がマンションからの眺望に近いと聞いたので見に行ってみたのですが、「この眺望で暮らせるのいいな!」とテンションが上がりました。

スカイビルから。北西の眺望イメージ。


大規模マンションらしく、共用施設もしっかり。
2階にゲストルーム、ゴルフレンジ、コミュニティテラス、コミュニティサロン、コミュニティルーム。35階にスカイラウンジ、スカイテラス、スタディルーム、パーティールーム。上層階に共用施設があるのであれば、普段は眺望を諦めて価格抑え目の低層階に住むと言う選択肢もありですよね。 1階の提供公園はセキュリティ外なので、セキュリティ内の屋外スペースがあるのは子育て中の家族には嬉しいです!

35階のスカイテラス完成予想図(公式HPから)


この35階の共用スペースのためにタワーの高層部をセットバックした個性的な外観になっています。あれ、このセットバック昨日も見た気がする…と思ったら、あべのハルカスでした。どちらも施工は竹中工務店ですね。構造は免震構造です。

特徴的な外観画像(公式ホームページから)


モデルルームの部屋は3つ。タワーマンションとしては柱で出っ張りが少なく、下り天井の下りも少ないので、面積の割に広く感じました。下り天井のラインが揃い、さらにモデルルームでは上手く折りあげ天井風に工夫されていて、部屋を広く見せるためにはこうしたらいいんだ!と参考になる有償オプションでした。

設備仕様はフロアによって仕様は大きく分けて2パターン(キッチン天板など細かい仕様ではもう少しパターンが分かれる)。とりあえず、ノンタッチキー、ディスポーザがあるので個人的には合格です(できれば下のグレードでもユーティティシンクであってほしかった)。あと、35階以降(+20階から34階の角住戸)はリビングのエアコンが天カセになると聞いて、購入するなら36階以上がいいなと思いました。
天井高は、48階まで(※35階を除く)はリビングの天高が約2.5m。49階、50階は2.6m、35階と51階が3m以上(3.3mだったかな?)だそうです。
※共用スペースのある35階はpremium terrace floorとして仕様が高く、住戸も広く、価格も高い

間取りプランはバリエーション豊富ですが、リビングダイニングが細長く家具の配置をよく考えた方がいいプランや、70平米を超えるのにウォークインクローゼットがないプランもあったので、しっかり生活イメージをして、家族のライフスタイルに合う間取りプランを選んだ方が良さそうです。(ミニマリストのご家庭なら収納少なくてもいいのかもしれませんが、もし収納重視のご家庭であれば、少なくとも一つはウォークインがあるプランをお勧めします。)

価格は…妥当に感じました!

私が見学した時はまだ予定価格でした。平均坪350万円くらいだそうです。眺望から西側が心持ち高めに設定されています。

10階 西 3LDK 71.85m2 6,190万円台(坪約284万)
※同じ間取りが20階だと6,490万円台(坪約298万)
10階 北東角 2LDK 74.42m2 7,000万円台(坪約310万)
10階 北西角 3LDK 81.10m2 8,550万円台(坪約348万)
20階 南 3LDK 75.91m2 6,850万円台(坪約298万)
36階 西 3LDK 87.59m2 9,000万円台(坪約339万)
36階 西 2LDK 75.90m2 7,990万円台(坪約347万)
36階 東 3LDK 91.26m2 9,140万円台(坪約330万)
36階 北 2LDK 75.00m2 7,880万円台(坪約346万)
※同じ間取りが48階だと9,060万円台(坪約398万)

ちなみに、比較対象となりそうなブランズタワー梅田North の残住戸の価格は、41階の南向き2LDKが6,841万円、44階の東向き2LDKが7,619万円、42階の南向き3LDKが8,733万円。見学していないので仕様・眺望などは分からないのですが、比較するとブランズタワーの方が多少価格は抑えめのようです。入居の時期が早いことや「中津」駅直結という資産性からブランズタワーを選ぶ方も多いかと思いますので、ブランズタワーが完売してからの方がグランドメゾンの販売のスピードは上がりそうだなと思いました。ちなみに、ブランズタワーの下層階はほぼ角住戸のみ。残戸数はわずかなようです。

お隣の「グランドメゾン新梅田タワー」や「ローレルタワーサンクタス梅田」の販売当時の価格を知っている人からすると坪350万は高いと感じるかもしれません。(実際「グランドメゾン新梅田タワー」の中古の値付けを見ると坪300万を切ってますね)

ただ、地縁や相場観のない私からすると、大阪駅からも近いにもかかわらず落ち着いた暮らしやすそうな住環境。グランフロント2期が坪500万、あるいはそれ以上で出てくるんじゃないかと言われていることを考えると、平均坪単価が350万であれば、まぁ、妥当なのではないかと感じました。うめきた2期の開発(なにわ筋線の開業)を控えているので資産価値という点でも安心感があります。

グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCEの眺望を疑似体験

梅田スカイビルからの眺望(27階)。マンションで言うと32階くらいからの眺望イメージに近いそうです。空中庭園にも行ったのですが、高さ的にはこちらの方がリアル。

モデルルーム見学してみての感想

我が家は…もともと私が大規模希望ですし、公園や商業施設などうめきた2期の開発の恩恵が思いっきり受けられる立地に魅力を感じています。駅近重視の世帯なので、福島駅から徒歩8分が気になるぐらいでしょうか。グランフロント2期はどうせ買えないと思うので、本当に関西に住むのであれば十分候補になり得る物件です。ただ余りにも地縁が無さすぎるので、さすがにもう2物件くらい見学してから判断しようと思います。

中之島にあるモデルルームはかなり広く、モデルルームのエントランスが2層吹き抜けでした。キッズルームにシッターさんがいないというのはかなり予定外でしたが、それ以外では非常に豪華なモデルルームでした。シアターは複数あり、モデルルームも3つ用意されていて、かなり大きい模型もあり、これぞ、ザ・モデルルーム!(笑)
最近東京では一部の物件を除いてシンプルなモデルルームが増えてきているなと思っていたので、その豪華さになんだか懐かしさを感じました。まだ価格が高騰しきってないのかな?余裕があるのかな?あるいは関西の消費者の好みかな?などといろいろ考えました。
リーマンショック前の「新築分譲マンションのモデルルームでのワクワクや緊張感」を久々に感じることができて、楽しかったです。

※ほそぼそとTwitterやってます。

 

<過去エントリー>

階数カーストは感じるか?!タワーマンションの低層階に引っ越してみた。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションが大好きな子育てワーママです。女性目線でマンションの選び方や住まいの情報を発信していきます! (モデルルーム、街づくり、子育て、ワンオペ、保育園、教育)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)