お便り返し その184「マンションブロガーの資産形成について」【マンションマニア】

スポンサードリンク

お便り返しとなります。




差出人:隔て板はトールタイプ

誰に答えて欲しいですか?
マンションマニア, のらえもん, ふじふじ太, はるぶー, 大阪タワー

メッセージ本文:

いつも有益な記事をありがとうございます。いつも、更新を楽しみにしております。
日頃疑問に思うことがありまして。。。

数年で次々にタワーマンションを住み替える、グロス8千万、9千万以上のマンションにとりあえず申し込む、など私のような一般会社員では想像の上をいっているブロガーさんも何人かいらっしゃるようですね。

そのような方はどのように資金計画されているのか、参考のためお聞きできたらと思い、連絡させていただきました。資産家さん?投資運用?
なにか魔法のような融資があるのか、気になっております(笑)。マンション営業さんは投資家的な方は全額ローンも多いですよ、と言われたりするのですが。
(住宅ローンの複数持ちはできないとの認識です。)

私自身は中年、年収9百万、専業主婦あり、子供なし、車なし、今住んでいるタワマンの含み益約1千万、投資運用はなし、で極々フツー(そんなに贅沢はしていないつもり)に生活しているつもりで、そろそろ住み替えたいと思っていますが、予算は6千万が限界と思っています(汗)。関西圏に在住ですが、東京23区のマンション価格に驚愕しており、23区なら購入できないですね。。。

非常に下世話な話題ですので、まったく無視していただいても問題ございません。
これからも記事を楽しみにしております。ご活躍をお祈りいたしています。





隔て板はトールタイプ様

マンションマニアです!

お便りいただきありがとうございます!

たしかにマンションブロガーやマンション好きの人はお金持ちというイメージがありますよね(笑)

私が最初にマンション好きの方々とマンションコミュニティ関連でご一緒させていただいたのは7年ほど前のことです。当時の私はたしか29歳、20代ということでチヤホヤしていただいた記憶があります(笑)

※年齢を公表されていないメンバーばかりですから細かい点はお話できませんが当初の座談会、SNS等では私が最年少ということは公開されております(当時の座談会メンバー)

当時の私の予算は4000万円程度であったと記憶しています。基本的に購入できる価格の物件しか見学していませんからはるぶーさんの「7000万円の壁」という話にもあまりついていけず私は「年収400~500万円くらいの人が買えるエリアを見ている人なので…」というような発言をしているはずです。苦笑

退職したとはいえ会社の内情をお話することはよろしくないので具体的な年収を記載するのは控えさせていただきますが「鉄道会社 年収」などで検索すればざっくりと当時の年収も予想がつくはずです。

そんな私でも今では予算1億円へ届きました。

別に自慢話をしたいわけではありません。これからお話いたしますが自慢できるレベルでもありません。

私は自分が経験して得た知識はどんどん世に出していきたいスタイルですからお金の話メインでもウェルカムです。

もちろんマンションを実需で買う際はお金よりも満足度ということは昔から変わっていないのでそこは誤解なきようお願いいたします。

ここ7年くらいで予算が4000万円から1億円ほどになったのはどうしてなのか?

※あくまで私の場合ということで他のブロガーさんは一切関係ありません

年収に関しては20代よりは高くなってはいますが独立せずに鉄道会社にいたとしても予算1億円という点は変わりません。そのまま独立していなかった際の年収+αはありますが安定企業の年収より少し高かったとしても福利厚生や銀行の審査などなど、正直安定企業勤めのほうが上ですからね。

そのため予算が伸びたことに年収はそこまで影響していません。

予算が伸びた理由はシンプルにマンションの売買で儲かったからです。なんだかいやらしい話かもですが私の利益なんて少ないほうです。当時もっともっと都心で購入している人は…すんごいですよ…

私の場合ですが

・2600万円で購入したマンションが3400万円で売れた

・3100万円で購入したマンションが3700万円で売れた

というレベルです。

減ったローン残債合わせて毎回1000万円くらい戻る程度です。(税金面に関しては住宅ローン控除を捨てて3000万円特別控除を使う派です)

(当時都心で購入していた方々は1回の売却で数千万円の手戻りです…もんげー。)

今までマンションを10回購入しており、買うたびに手持ち物件を売却していますからその利益が予算が高まった大きな理由です。

ではこれまでの含み益がなければ予算の限度はどれくらいなのか?

私の場合は6000万円、背伸びして7000万円です。隔て板はトールタイプ様と同じくらいです。(1本のローンに対しての限界であり投資用ローンなどは別に引けます。それは隔て板はトールタイプ様も同じです。)

つまり、年収からの予算6000万円+これまでの売却益=1億円という感じです。

今8000万円やら1億円やらのマンションを買う人って私みたいな方も多い(ブロガーさんの話ではなくて購入検討者全体の話)ですよ。年収としては絶対届かないのだけどもこれまで買ったマンションで得た含み益があるからもんげー価格も買えちゃうと。

例えば

・Aさん 35歳 世帯年収1000万円 予算1億円 3度目の購入

・Bさん 35歳 世帯年収1000万円 予算6000万円 初購入

みたいな。

同じ年齢、同じ年収でも初購入なのか買い替えなのかで大きく予算は変わってしまうでしょう。

もちろんパワーカップルが増えていたり、そもそもの高年収や別の投資で儲けたという方も多いでしょうけども。金利も低いので引いたもん勝ち感あります…

それだけマンションの価格が上がっているということなのですよね。1~2年前に購入された方がすでに数千万円の利益出ているとかも普通にありますからね…すごい時代です。

隔て板はトールタイプ様のご年収は普通よりあきらかに上ですよ。(世帯年収ではなく個人年収として)

ただ、その年収をもっても購入できる物件に限りがあるくらい値上がっていますよね。

以上が回答となります。

ご質問への回答のためお金の話が多くなってしまいましたが実需であれば「残債割れしない」中から一番気に入った物件を購入されることをおすすめいたします。私もそうしてきました。投資目線強い方からすれば「15年も前から購入してて利益それだけかよ。」と思うでしょうけども私は自分の好きなマンションに住むことを優先しているためまったくもって後悔しておりません。(そもそも当時都心を買えるほどの与信はなかったですが)

気に入って買った物件が値上がったらラッキーくらいで良いと思います!!

ただ、あまりに資産性低い物件だと売るに売れない状況になりかねないのでそれは避けましょう!!

とりあえず強く言えることは「早く買いましょう」です。それは資産形成ということだけでなく満足度も早く得たほうがハッピーだからです。

引き続きよろしくお願いいたします!!

ご相談お待ちしております!!


マンションマニアへ購入・売却相談




関連記事

30代前半で仕上がった「M男」〜安楽亭武蔵浦和店にて〜

若い内にマンションを買うという勇気 アニメ「NEW GAME!」から考える

お便り返し その185「売却益は手元に残す?頭金にする?」




【お知らせ】

新築マンション・中古マンションの購入相談及びご自宅の売却相談を受け付けております!

マンションマニアへ購入・売却相談をご希望の読者様へ ~問い合わせ方法とお願い~

中古マンションの購入をマンションマニアと進めていくサービスも実施中です!

マンションマニアと中古マンションを探しましょう!!

常設店舗がございます。購入・売却・賃貸管理などのご相談お待ちしております!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店・池袋店・日本橋店・豊洲店・月島店・大阪店




マンションマニア公式ブログ「マンションマニアの住まいカウンター

マンションマニア公式Twitter フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式インスタグラム フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式YouTubeチャンネル チャンネル登録よろしくお願いいたします!

ABOUTこの記事をかいた人

マンションブロガーのマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1500件超でマンション購入経験は10件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います! 運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)