隣人ガチャのリスクヘッジは残債割れしない家【マンションマニア】

スポンサードリンク

どうも!マンションマニアです!

今回は隣人ガチャについてです。

上下左右の近隣住民さんがどんな方々になるのかは住み心地に大きく直結してきます。

※この記事内の隣人に関しては上下左右を主な対象としています

※幅広く見れば斜め及び同一階、さらに幅広く見ればマンション内やマンション近くの戸建てや他マンションなどの住民さんも影響してきますが今回はわかりやすく上下左右のお話とさせていただきます。また、モンスターは別問題なので除外します。

こればかりは運でしかないのですが隣人ガチャ次第で早期に住み替えを検討される方も多くいることはたしかです。

隣人さんとの相性が合わない理由は様々ですが一例としては

・単身、ディンクスだが周りはみんな子育てファミリーで賑やか

・子育てファミリーだが周りはみんな単身、ディンクスでちょっとした音でもクレームが入る

・隣人が管理規約を守らない

・隣人のペットの鳴き声が気になる

などなど。いろいろあります。

「自分たちと違う価値観をもった人、家族構成が違う人」ばかりが隣人となるのか「自分たちと同じ価値観をもった人、家族構成が同じ人」ばかりが隣人なのかでは後者のほうが心地よく過ごせる可能性が高いですよね。

ではどうしても隣人ガチャに納得できず住み替えを検討した際にその家は売れるのか?

答えとしては「売れます」です。

これは仲介店によって異なるかもですが基本的に買主に対して嘘をつくことはありません。隠し事もしません。揉め事は嫌ですからね。それよりも売却理由を武器とするのが仲介営業の腕の見せ所です。

例えばAさん夫婦(ディンクス)が隣人が子育てファミリーばかりで騒音は常識の範囲内ではあるものの、やや気が滅入ってきたため売却活動をスタートしたとします。その際に狙う相手は子育てファミリーです。子育てファミリー相手であれば「売主様から聞いている話ですが左右共に子育てファミリーの方がお住いのようです。日常生活において〇時~〇時くらいに音がすることがあるとのことです。」と伝えます。(客付け業者であればそちらの担当へ伝える)

そうすることで子育てファミリーからすれば「左右どちらも自分たちと同じような家族構成なら安心」となることが多いですからAさんにとってはマイナス材料でしたが検討者にとってはむしろプラス材料となります。もちろん下階もファミリーだとわかっているならそれを仲介担当に伝えると良いでしょう。

仲介担当としてはあくまで売主さんから聞いた話ではあるもののそれを買い側へも伝えることで後のクレームを防ぐこともできます。ただ、自分の身を守るだけでなくそういったマイナス点をプラスに活用するのは売主さんにとっても良い話なのです。

その逆もありますね。Bさん夫婦(子育てファミリー)が隣人がシングル、ディンクスばかりで生活音に気をつけても気をつけてもクレームが入る…気が滅入り売却活動をスタートしたとすれば今度は静かに暮らしたい方に対して販売すれば良いのです。

ですから隣人との価値観などが合わなくても売却できないなんてことは一切ありません。

これは完全に個人的なお話ですが私にとっての隣人ガチャは9回中(10件目は見引渡しのため9件)7回アタリ、2回ハズレでした。

ハズレの理由は差し控えますが先ほどの家族構成的な話です。揉めたわけでもないですが単純に「あ~無理だわ(笑)」となっただけです。隣人ガチャのハズレ(逆に言えば相手からもハズレだったかもしれないですね)だけを理由に売却したわけではない(ハズレと言っても耐えられないものではなかった)です。ただ、アタリハズレでわけるならハズレでしたね。

隣人と仲良くしましょうという話ではないです。隣人を知らなくてもお互いに害がないならそれはお互いにとってアタリというわけです。

なぜ今更こんな話をするのか?

それはローン残債割れの可能性が高そうな新築マンションが増えているからです。

中長期的に住む目線で住まいを選ぶのは良いことです。そうしたほうが良い時代でしょう。ただ、転勤や家族構成の変化だけでなく隣人ガチャを理由に売却をしなければならない(したくなる)可能性だってあるのです。そうなった際に残債割れしていると売るに売れない状況になってしまいます。売れる状況なら賃貸より手間があるだけで引っ越せるのですが売れない状況ではどうにもなりません。

低金利ですから10年という目線で見ればローン残債割れする可能性は極めて低くなるものの、1年~2年など短期売却だとローン残債割れしそうな新築マンション増えていますよね。

もちろん将来のことなんてわかりません。ただ、今の相場でシンプルに高い新築マンションが多いという話です。

住む街やマンションは好き嫌いで決めれば良いのです。ただ、賃貸と違いローン残債割れのリスクはとてもとても怖いことなのです。私自身も好き嫌いで選んでいます。明らかに儲かるマンションAと儲かりはしないけどもローン残債割れはしないであろうマンションBがあり、マンションBのほうが気に入っているならそちらを買うくらいです。ただ、どんなに良いと思っても残債割れしそうなマンションCは選びません。

ローン残債割れの可能性が極めて低い街、マンションの中から好きなものを選ぶということをしていただきたいのです。

もちろん預貯金がたんまりあり残債割れしようが穴埋めなんて余裕ですという方は気にしなくても大丈夫です。

参考になれば幸いでございます!

ご相談お待ちしております!!


マンションマニアへ相談

動画でも語っております!



チャンネル登録もよろしくお願いいたします!

関連記事

買わないほうが良い新築マンションとは




【お知らせ】

新築マンション・中古マンションの購入相談及びご自宅の売却相談を受け付けております!

マンションマニアへ購入・売却相談をご希望の読者様へ ~問い合わせ方法とお願い~

中古マンションの購入をマンションマニアと進めていくサービスも実施中です!

マンションマニアと中古マンションを探しましょう!!

常設店舗がございます。購入・売却・賃貸管理などのご相談お待ちしております!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店・池袋店・日本橋店・豊洲店・月島店・大阪店




マンションマニア公式ブログ「マンションマニアの住まいカウンター

マンションマニア公式Twitter フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式インスタグラム フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式YouTubeチャンネル チャンネル登録よろしくお願いいたします!




ABOUTこの記事をかいた人

マンション評論家のマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1000件超でマンション購入経験は10件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います! 運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)