マン点流!見える化(新築億ション、どのくらい増えているのか)

スポンサードリンク

23区では1億円台の新築マンションは珍しくない。これからは2億円台の”2億ション”が話題になる時代なのか……。

首都圏新築マンション平均価格、バブル期超え6,360万円

不動産経済研究所が4月18日に発表した「首都圏マンション市場動向2021年度」では、首都圏の新築マンションの平均価格がバブル期超えの6,360万円であったことが話題になった。

アベノミクスによる非実需要増の影響などにより首都圏の新築マンションの平均価格は大幅に上昇し、供給戸数は減少傾向にある(次図)。

供給戸数と平均価格の推移
首都圏新築マンション市場動向(21年度)」より

21年度の23区の新築マンションの平均価格は8,449万円。1億円に届きそうな勢いで高騰していて、庶民には手が出ない状況が続いているのである。一方で富裕層向けの億ションの供給は増えている。いったいどのくらい増えているのか。

21年度23区新築の「億ション率」2割超

同研究所が毎月中旬に公表している「首都圏新築分譲マンション市場動向」のなかに「価格帯別戸数」の表データが掲載されている(次表)。

「価格帯別戸数」の表データ
(価格帯別戸数|首都圏新築分譲マンション市場動向)

過去に発表されたデータもひも解いて、23区で供給された新築億ションの戸数の推移を次図に示す。

新築億ション発売戸数の推移(23区)
上図によって、1億円台のマンションが多いことは分かるが、季節変動が激しくて、全体的な傾向が把握しにくい。そこで、年度毎に集計したのが次図。

1億円以上のいわゆる億ションが新築マンション全体に占める割合「億ション率」は、年々上昇し、21年度は2割を超えた。
  • 1億円台のマンション
    17~20年度にかけて毎年1,500戸前後供給され、21年度に急増し2,245戸に達した。
  • 2億円台のマンション
    200戸前後で推移したあと、21年度に急増し388戸。
  • 3億円台のマンション
    増減を繰り返していて、21年度に急増して139戸だが、まだまだ希少。
新築億ション発売戸数・率の推移(23区)
23区では1億円台の新築マンションは珍しくない。これからは2億円台の”2億ション”が話題になる時代なのか……。

販売予定の23区新築億ション

SUUMOで販売予定の23区新築億ション(竣工済みを除く)を検索すると11件ヒットした(4月24日現在)。

渋谷駅1km圏の閑静な邸宅街に建つ4階地下1階建の低層マンションザ・パークハウス グラン 神山町」の第3期の価格は1億4900万円台~4億2500万円台。4億ション!

※具体的な物件名と販売価格につき、総戸数の多い順に示す。
あわせて読みたい

この記事に出てくる新築マンション

全部にチェックする

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/マンション・チラシ研究家/長寿ブロガー(16年超)

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)