マン点流!見える化( 超高層マンション市場動向)

スポンサードリンク

超高層マンション(20階建て以上)の建設計画はどうなっているのか?

不動産経済研究所が4月27日に発表した「超高層マンション市場動向 2021」に、21年以降完成予定の棟数・戸数データが掲載されているので可視化してみよう。

(全国)21年以降完成予定は約11万戸

全国で21年以降完成予定とされている超高層マンションは約11万戸(280棟)。そのうち首都圏では8.1万戸(178棟)、近畿圏では1.5万戸(46棟)が予定されている。

特に首都圏では湾岸エリアを中心に増加が見込まれていて、23年には年間1.6万戸を上回る。ただ、新型コロナの影響で完成時期がずれ込む可能性がある。

(全国)21年以降完成予定は約11万戸

(首都圏)21年以降完成予定の7割が23区

首都圏で21年以降完成予定とされている超高層マンション8.1万戸(178棟)の7割を担っているのは23区で5.9万戸(118棟)。

23区の超高層マンションはこれまで、15年・19年の異常な年を除くと、4千戸から5千戸程度で推移してきた。今後は増加し、23年には年間0.9万戸(19棟)を超える予定とされている。ただ、新型コロナの影響でどうなるのか……。

(首都圏)21年以降完成予定の7割が23区

(23区)21年以降完成予定の4割が中央・港区

21年以降の23区の超高層マンションの完成予定戸数は59,297戸(118棟)。そのうちの4割近く(23,079戸、118棟)が中央区と港区に集中している。

つまり、全国で21年以降完成予定の超高層マンション約11万戸のうち2割が中央区と港区に予定されているタワーマンションということなのである。

(23区)21年以降完成予定の4割が中央・港区
あわせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/マンション・チラシ研究家/長寿ブロガー(16年超)

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)