お便り返し-33 共有名義のメリット・デメリットは何?【DJあかい】

スポンサードリンク

二見の夫婦岩

どうも、夫婦問題研究家の私がお答えします。

差出人: たか

誰に答えて欲しいですか?
全員

メッセージ本文:
「購入時割引(150万円程)のメリットで夫婦共同名義にするのは危険?」

はじめまして!いつもスムログの記事で勉強させていただいています。今回の質問は、不動産購入時の割引と共同名義のリスクの天秤についてです。

現在購入を考えているマンションは、妻の方の健康保険組合が購入時割引の対象となり150万円ほど安くなります。ただ、元々私一人で購入を考えていたのですが、割引を受けるために共有名義にすることを提案されました。持分割合としては妻1万円、私残り(もちろんローンは私のみ)という歪んだ(この割引だけを受けるための形式上)ものになっています。

共同名義というのは色々とリスクがある(特に売却時に両方の同意が必要、離婚して顔も合わしたくない場合に大変面倒)ので、真の意味で持分を分割(夫婦でお金を出し合う)以外は単独名義が良いと理解しております。

ただ、それでも150万円という割引は大きく、家庭円満を信じつつ、せっかくなら割引したいという気持ちもどうしても残ってしまいます…

スムログブロガーの皆様でしたら、割引額と共有名義のデミリットを天秤にかけて、どちらを選択されますか?また、共有名義のデメリット(メリット)について、理解漏れ・解釈違いがあればご指摘していただければ幸いです。

何卒よろしくお願いします。

共有名義のメリットは一般的には以下です。
・単独よりも多くのローンが組める
・住宅ローン控除が二人分受けられる
・売却時の3000万円特別控除も二人分受けられる
たかさんのように組合で割引になるのもレアケースですが大きなメリットと言えるでしょう。

逆に共有名義のデメリットは以下です。
・諸費用が多くかかる。(登記や抵当権設定、銀行手数料等)
・離婚の際売却の手続きが煩雑になる(共有者全員の同意等)
・団信の適用範囲が限定的になることがある(ペアローンの場合団信条件にならなかった側のローンはそのまま残る等)
・あまりにも実態と離れていると贈与扱いになることもある

だいたいたかさんのご想像通りですね。僕がたかさんの立場だったらどうするかというと、間違いなく共有で行きます。
なぜって、150万円落ちてたら拾わない手がないからです。
そりゃ共有だと売却時泥沼で大変なんじゃないだろうかと心配する気持ちもわかります。
でも、離婚の売却は共有だろうが単有だろうが、まあまあ泥沼になることが多いです。
あんまり所有形態と因果関係はありません。
「離婚して顔も合わしたくない場合」と仰いますが、だいたい仲介が伝書鳩してやりとりするので当人同士が顔を合わせることはありません。離婚案件で売主側夫婦が同席したケースは僕の経験ではいまだありませんし、なんなら委任状とかの書類だけ整えて仲介や司法書士に任せてどちらも決済の場に来なかったことすらあります。
僕は思うんですが、結婚も入籍も共有名義も一つの絆だと。うちも自宅マンションは諸事情あって共有名義です。
若いころは自分勝手に些細な行き違いや衝突で全部人間関係リセットしてスッキリした!みたいなことやってましたが、やっぱりそれだと何も積みあがって行かないですし、お互いの親や子供や当人たちがやーめた!で全部済む問題ではなくなってくるわけですよね。
よく僕は折に触れて言ってるんですが、マンション選びではなくて選んだマンションをどうやっていくか、正解を選ぶんじゃなくて選んだものを正解にしていこう、よりよくしていこうとする姿勢、それが大事であって、結婚生活だってだれを選ぶかより選んだあとどういう心持でやっていくかの方がずっと大切だと思います。
だから結婚式も共有名義もお互い同じチームで協力してやっていくぞという周りや社会に向けての宣誓だと思います。
共有名義は売却の足かせと言う人もいるかもしれませんが、僕は絆だと思っています。
しっかり力強く宣誓して、それを胸に秘めて、しっかり新居で良き家庭を築いてください。

ABOUTこの記事をかいた人

マンションコミュニティの皆々様方、ごきげんよう。不動産業界に身を置くDJあかいと申します。 この度、スムログという多くの人の目に触れる晴れの舞台をいただきましたので、普段のブログと一味違った学びのある記事を発信していきたいと思います。

運営ブログ
DJあかいのマンション総研

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)