マン点流!見える化(新築2万戸の衝撃)

スポンサードリンク

不動産経済研究所は7月15日、衝撃的な数字を発表。

「首都圏マンション市場動向 2020年上半期」という地味な見出しの記事に埋もれているので、気が付かなかった人もいるかもしれない。

(略)

当面はモデルルームの来場制限など新型コロナ感染拡大防止策を継続、年間供給は2万戸程度に

  • (1)下半期(7~12月)の供給見込みは1万2,500戸。前年同期(1万7,802戸)では29.8%減。
  • (2)年間供給は約2.0万戸。2019年の3万1,238戸に比べ36.0%減。年間でも1973年の調査開始以降、過去最少に

この年間供給2万戸という数字がどれくらい衝撃的なのか、可視化したのが次のグラフ。

16年に4万戸を下回って以来、20年にはいよいよ3万戸を切るのではないかと言われていたところに、コロナショックが襲い掛かり、一気に2万戸になるという予測なのである。

新築マンション発売戸数の推移
(不動産経済研究所の公表データを元にマン点作成)

新築マンション市場が失速しているからといって、価格が下がるわけではない。新築マンションのシェアが高い大手デベロッパーが相場を維持していることもあり、発売価格はいまだに上昇傾向を見せている(次図)。

新築マンション発売戸数ほか
首都圏新築マンション市場動向(20年6月))より

もはや新築マンションは、庶民にとって高嶺の花。

IT長者やパワーカップルなど、新築マンションの高値づかみを気にしない人たち以外は、新築マンションより中古マンションを選ぶ時代……。

あわせて読みたい

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)