マン点流!見える化(通勤地獄付きマンション!?)

スポンサードリンク

周辺環境が良くて、駅チカで、高品質なマンションであっても、通勤地獄付きのマンションは避けたい……。

国土交通省が7月18日に公表した全国の「最混雑区間における混雑率(2018)」(PDF:482KB)データを元に、三大都市圏別にランキング形式で整理した。また、過去データもひも解き、混雑率の推移を可視化。

【もくじ】
東京圏
大阪圏
名古屋圏
全国237路線、エリア別ランキング

【参考】混雑率の目安

混雑率の目安
「混雑率の目安|国交省」(PDF:289KB)より

東京圏

  • 1位:東京メトロ(東西線)【木場→門前仲町】199%(7:50~8:50)
  • 2位:JR横須賀【武蔵小杉→西大井】197%(7:33~8:33)
  • 3位:JR総武(緩行)【錦糸町→両国】196%(7:34~8:34)
  • 4位:JR東海道【川崎→品川】191%(7:39~8:39)
  • 5位:日暮里・舎人ライナー【赤土小学校前→西日暮里】189%(7:20~8:20)


  • 6位:JR京浜東北【大井町→品川】185%(7:35~8:35)
  • 7位:JR南武【武蔵中原→武蔵小杉】184%(7:30~8:30)
  • 8位:JR埼京【板橋→池袋】183%(7:50~8:50)
  • 9位:JR中央(快速)【中野→新宿】182%(7:55~8:55)
  • 9位:東急(田園都市)【池尻大橋→渋谷】182%(7:50~8:50)

18年度のワースト5につき、過去5年に遡って混雑率の推移を可視化したのが次図。

東京メトロ東西線の「木場→門前仲町」とJR総武線「錦糸町→両国」の2強のところに、JR横須賀の「武蔵小杉→西大井」が飛び込んできている。JR東海道「川崎→品川」は年々悪化。

東京圏の通勤電車混雑率ワースト5推移

大阪圏

御堂筋線(梅田→淀屋橋)151%がワーストであるが、151%は東京圏では山手線(上野→御徒町)の42位に相当する。

「広げて楽に新聞を読める(150%)」状況だから、首都圏民としては羨ましいレベル。
  • 1位:大阪メトロ(御堂筋)【梅田→淀屋橋】151%(7:50~8:50)
  • 2位:阪急(神戸本線)【神崎川→十三】147%(7:34~8:34)
  • 3位:阪急(宝塚本線)【三国→十三】144%(7:31~8:31)
  • 4位:大阪メトロ(中央)【森ノ宮→谷町四丁目】137%(7:50~8:50)
  • 5位:近鉄(奈良)【河内永和→布施】136%(7:35~8:35)


  • 6位:大阪メトロ(長堀鶴見緑地)【蒲生四丁目→京橋】135%(7:40~8:40)
  • 7位:近鉄(大阪)【俊徳道→布施】132%(7:33~8:33)
  • 7位:南海(南海本線)【粉浜→岸里玉出】132%(7:25~8:25)
  • 9位:大阪メトロ(御堂筋)【難波→心斎橋】131%(7:50~8:50)
  • 9位:阪急(千里)【下新庄→淡路】131%(7:30~8:30)

18年度のワースト5につき、過去5年に遡って混雑率の推移を可視化したのが次図。

大阪圏の通勤電車混雑率ワースト5推移

名古屋圏

ワーストは名鉄(栄生→名鉄名古屋)と名鉄(下小田井→枇杷島分岐点)の144%。

東京圏でいえば、48位JR根岸線(新杉田→磯子)148%と49位京急(戸部→横浜)143%の間に相当する。
  • 1位:名鉄(本線 (西 ))【栄生→名鉄名古屋】144%(7:30~8:30)
  • 1位:名鉄(犬山)【下小田井→枇杷島分岐点】144%(7:30~8:30)
  • 3位:名鉄(本線 (東 ))【神宮前→金山】143%(7:40~8:40)
  • 3位:名鉄(常滑)【豊田本町→神宮前】143%(7:40~8:40)
  • 5位:名鉄(津島)【甚目寺→須ヶ口】141%(7:30~8:30)


  • 6位:名鉄(瀬戸)【矢田→大曽根】140%(7:30~8:30)
  • 7位:名古屋市営(東山)【名古屋→伏見】138%(7:30~8:30)
  • 8位:近鉄(名古屋)【米野→名古屋】137%(7:35~8:35)
  • 9位:名古屋市営(名城・名港)【金山→東別院】135%(7:30~8:30)
  • 10位:三岐鉄道(北勢)【西別所→馬道】133%(7:00~8:00)

18年度のワースト5につき、過去5年に遡って混雑率の推移を可視化したのが次図。

全体的に悪化傾向にあることが分かる。

名古屋圏の通勤電車混雑率ワースト5推移

全国237路線、エリア別ランキング

全国の主な都市鉄道237路線(関東は85路線)を網羅している。

全国エリア別!通勤電車の混雑率ランキング(2018年度)

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)