名作マンション訪問特別編【桜×マンション(後編)】

スポンサードリンク

もう夏ですね…。

そう、私この名作マンション訪問桜特別編「前編」をやっておきながら「後編」をなかなか挙げられないという5~6月病(笑)にかかっていたのですが、夏に桜もオツなんじゃないかと思い僭越ながら季節感ゼロの後編をお送りしようと思います。

名作マンション訪問特別編「桜×マンション」前編

※これまでもこの名作マンションシリーズでは目黒川界隈など桜の季節に合わせた記事を書いておりますが、今回は特定のエリアに集中するのではなく比較的広域なエリアで「桜」に縁のあるマンションを集めてきました。

後編の先陣を切るのはこちらです。

パークコート赤坂檜町ザ・タワー
(2018年築/44階/322戸)


スムログでも過去この物件の写真を載せていますし、当物件のデザインの素晴らしさは多くの方がご承知いただいているかとは思いますが、やっぱり行かずにはいられないということで…。

ミッドタウンからの1枚。

モエモエ~

今回は「桜×マンション」という企画なんだけども、この物件に桜いらなくない?(汗)

桜がなくとも絵になるわ~

ミッドタウン方面からのアプローチ

檜フィンがそれぞれ違う方向を向いている繊細さにも脱帽…。

ついでと言ってはなんですが、赤坂ザ・レジデンス(賃貸)


赤坂サカス(「咲かす」と「坂s」の意味を持つ)と共に誕生したこちらのレジデンス、美しいコーナーリングと桜のコラボが素敵すぎます。

そして、曲面の美しさを語る上で外せないのはこちらでしょう。
青山に立ち寄り…

パークコート青山ザ・タワー
(2018年築/26階/163戸)

青山公園からの1枚。

さ~て次は電車に乗りまして、

プラウドシティ阿佐ヶ谷
(2016年築/6階(最高)/A~E街区計575戸)


完成後にここへ来たのは初めてだったのですが、「総開発面積43,000㎡の第一種低層住居専用地域」の開放感が半端ないです。これは大迫でしょう(笑。※4月に書いてましたんで言っていることが古いですね…)




パークシティ浜田山のように棟ごとに風合いの異なる繊細なデザインが採用されているわけではありませんが、当物件の顔となるA街区とB街区の中央部分を初めとして随所にダイレクトサッシを採用したことで印象に残るデザインになっています。

善福寺川緑地に面した部分はけして多くはないのですが、今回この物件を訪れたのはこの桜並木も理由の1つで、特にこのヴィラ(D街区)は桜の特等席ですね。


目の前にはこんな桜並木が広がっています。

鴨も気持ちよさそうだわぁ…。

さて、お次は駅前の桜並木が思い浮かんだので「桜」新町へ…、

あら???
この日は4月頭だったのですが、そうか、桜新町駅前の桜は八重桜だからもっと後なのか…。

さ~て来週のサザエさんは~
こちらの写真で誤魔化そうとも思いましたが、それではちょっとつまらないと思い、

こちらに来ました。

ラ・コルダ弦巻ガーデンコート・フォレストコート
(1995年築/12階/359戸)

馬事公苑(改修中)の桜を見ようかなというのもあったのですが、この超大規模物件を取り上げるには良い機会かと思い来てみました。

桜は特別ないのですが(ヤマザクラが少しだけあったかな)、この物件は外壁の質感が素敵ですし、緩やかに弧を描く曲線も素晴らしいものがあります。


1995年築とかなりの月日が経過したマンションなのですが、きれいに修繕された外観からはそんなに築年数が経過しているように感じませんし、デザイン的にもまだまだいける格好良いマンションです。

梁の凹凸のないスッキリとした三次元空間や掃き出し窓のハイサッシも素晴らしい物件ですね。

少し疲れましたが、まだまだ行きます。洗足池へ、

ザ・パークハウス洗足池桜山
(2012年築/3階/35戸)

洗足池に隣接しているわけではないのですが、「桜山」側に面したポジションで、西向き住戸にお住まいの方はまさにヤマのような桜群を望むことが出来ます。


ヤバイよ~


せっかくなんで洗足池の桜も


桜がド~ンではありませんが、洗足池隣接のこのハイコート洗足池からの眺めもなかなかエグいです。


いや~ついに日が暮れました…。

でもね、ここには絶対に来て写真を撮りたかった。
ザ・目黒桜レジデンス
(2006年築/12階/147戸)


斜向かいのザ・目黒四季レジデンスとの兄弟物件で、そのスケール感もさることながら目黒区公会堂時代からある9本の桜がとかく立派な物件で、一マンションの敷地内の桜とは思えない特別なものになります。


敷地は南東・南西の角地で、二方で接道しているのですが、どちらの歩道側にもこのような立派な桜がビッシリ!

ちょうど満開の時期だったので本当にいいものを見ることが出来ました。


少々駅距離はありますが、桜好きの方は来年ぜひ!!!


ちなみに四季レジデンスの方には立派なレバノンスギがあります。


ご清聴有難うございました。
これで「桜×マンション」前後編をようやく終わりにすることが出来ました…。

桜とマンションは縁深いものでまだまだ取り上げたい見に行きたい物件はたくさんあるのですが、私の足が…。
後ちの筋肉痛はひどかった…(泣)

過去のスムログ記事はこちら。
「名作マンション訪問」一覧
⇒大好評いただいた「ちょっと得するマンション選び」

また、メインブログはこちら。
モモレジのマンションの間取りや価格を言いたい放題!
2,900棟6,300室超を掲載。
2019年の注目マンションや2018年のマンションオブザイヤーなど個別物件の詳細以外にも色々あります。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」管理人。利害関係のない第三者的な視点を徹底し、間取りや価格等について毎日記事を更新。これまでに扱った部屋数は6,300室を超える。 不動産業界の人間ではないものの、自己居住用及び投資用としてのマンション購入件数は10室を超えるプチ投資家という顔を持ち、猫とマンションをこよなく愛する。

メインブログはこちら
「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」