マン点流!ノウハウ(車の無い生活)

スポンサードリンク

都会のマンションに住むのであれば、マイカーを手放すことも選択肢に入れてはどうか、という話。

【もくじ】
地方都市ではマイカーは必須だが…
マイカーを手放せば月4万円節約できる
経済的なメリットだけでなく…


 

地方都市ではマイカーは必須だが…

地方に住んでいると確かにマイカーは必須と言える。

私も地方のとある田舎に住んでいた頃には、週末に繁華街まで、まとめ買いに車で出掛けたものだ。また、そのころは子供が小さかったこともあり、休日はよく家族で遠くまでドライブもした。

公共交通機関が発達していない地方都市ではマイカーは必須だが、都会ではどうか。

自転車に乗ればけっこう遠くまで出かけることができるし、健康にもよい。マンションが駅に近ければ、気軽に電車を利用して遠出することが可能。バスを利用すれば、街中をこまめに移動することもできる。
  • 都バス一日乗車券(大人500円・小児250円)
    23区内の都バスを1日に限り何回でも乗車できる
  • 都営まるごときっぷ(大人700円、小児350円)
    都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーを1日に限り何回でも乗車できる
  •  東京フリーきっぷ(大人1,590円 ・小児800円)
    都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーに加えて、東京メトロ(全線)、JR線(都区内に限る。)を1日に限り何回でもご乗車乗車できる
など、お得なチケットがある。

マイカーを手放せば月4万円節約できる

マイカーを手放せば、渋滞でのイライラから開放されるし、バッテリーがあがってしまわないよう、わざわざ慣らし運転に出掛ける必要もなくなる。

マイカーを持たなければ、経済的な損失も回避できる。たとえば、コンパクトカーで年間44万円(月間3.7万円)、Lクラスミニバンで年間50万円(月間4.2万円)の節約が可能(次表)。

車種別の維持費(概算)
せっかくとった運転免許だから、運転技量の低下が心配だからという人は、必要に応じてレンタカーやカーシェアリングを利用されてはいかがだろうか。

普段の移動には電車やバスなどの公共交通機関を中心に利用し、どうしても車が必要なときには、レンタカー、カーシェアリングあるいはタクシーを利用する。たまにしか利用しないマイカーを維持する経費のことを考えれば、タクシーを利用することの経済優位性は充分にあるのではないか。しかもタクシーであれば、当然のことながら運転手付き。運転のストレス、疲労から開放される(運転自体が好きな人を除く)。

経済的なメリットだけでなく…

経済的なメリットが得られるだけでなく、電車やバスは、マイカーに比べて、環境に優しい移動手段だ。1人を1km運ぶときに発生するCO2量の比較では、マイカーは、バスの2.1倍、電車の7.1倍にもなる(国土交通省「運輸部門における二酸化炭素排出量(2016年度)」データをもとに計算)。

ちょっとした便利さのために、維持費のかかるしかも環境に優しいとは言えないマイカーを持つライフスタイルを見直されてはいかがだろうか。

私は都心のマンションに移り住む際に、それまで乗っていた大型のワゴン車を手放した。中古車買い取り専門店に買い取ってもらったのだ。昔は二束三文での下取りが当たり前だったが、最近は全国ネットの中古車買い取り専門店があるので、ある程度納得できる額で買い取ってもらえる。

かくして私は、マンションの引越しと同時に、それまでの車中心のライフスタイルと決別した。マイカーを手放してからというもの、無駄な出費が無くなったという経済的なご利益だけでなく、これまで車に費やしていた時間を、他のもっと有意義な時間に当てることができるようになった(たぶん)。

こちらもどうぞ!

マン点流!ノウハウシリーズ

スポンサードリンク
自動車の窓から顔を出す女性

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

1 個のコメント

  • 今更な話

    車よりもマンションに人生かけて
    買うほうが理解できない。

    都心に住んでいますが
    休日に家族揃って電車とか
    惨めだろ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)