どの色にする? 新築分譲マンションのカラーセレクト、流行りはグレージュ!

スポンサードリンク

こんにちは!住井はなです。

新築分譲マンションを第1期や第2期など早めに購入すると選べることが多い、室内のカラーセレクト。床板や引き出しの色などを、あらかじめ決められた組み合わせに限り無料で選ぶことができるものです。

私は、モデルルームで、どのカラーセレクトが人気なのか、つい興味本位で聞く癖があります。2018年は毎月6、7件のモデルルームを見学していたので、カラーセレクトにも傾向があることに気づきました。首都圏のカラーセレクトの傾向についてまとめてみました!

 

カラーセレクトの人気色はズバリ! モデルルーム住戸と同じ色。これが外れることは、ほぼありません。作る方もこのマンションの購入者の嗜好に一番合いそうな色は何かを考えているでしょうし、モデルルームで実際のイメージが分かりやすいので、購入者も選びやすいというのがあります。

ただ、大規模マンションであれば、複数のモデルルームがあることも多いので、そういう時にどういうカラーが好まれているか、ということになります。

 

1.明るい色が好まれています。

ファミリー向けのある程度規模のあるマンションでは、大抵3パターンか4パターンのカラーの組み合わせから一つを選びます。明るい色、中間の色、濃い色の3パターンだと、8年くらい前は、中間の色が人気の傾向だった気がします。「白っぽすぎても味気ないし、濃い色だと狭く見えるしね。」という感じでしょうか。どこかのモデルルームでは、「明るい床は抜けた髪の毛が目立つから掃除が大変だし、濃い色は家具を選ぶので、中間の色がお勧めですよ」とはっきり言われたこともありました。

 

現在は、市場全体で専有面積が狭くなっており、60平米台で3LDKのプランもよく見かけるようになってきました。それに伴って、とにかく明るい色が人気のようです。明るい色といっても、真っ白ではなく扉の面材にアクセントカラーが入っていたり、木目の強いフローリングなど絶妙な組み合わせになっていたりするので、味気ない感じはありません。「広く見え、家具も合わせやすい」という意味で人気なのも納得です。

最近は、ほとんどの物件で、ベランダに木目調シートが貼ってあり、コンクリートむき出しの物件はほぼ見かけなくなってきました。この木目調シートとリビングの明るい色のフローリングが空間として繋がって見えて、結果的にリビングが広く感じるという意味で、インテリアセレクトの担当さんとしても勧めしやすいようです。

ベランダの木目調シート写真。
柄はいろいろあります。


ただし、高級物件の場合は、一番濃い色が人気です。元々専有面積の広い住まいであれば、広く見せる必要もなく、より高級感を演出できる濃い色が似合うということでしょう。

また、鎌倉エリアの物件では、いつも濃い色のカラーセレクトが人気だと聞きます。鎌倉市の条例から比較的、専有面積が広いというのもあるかと思いますが、それ以上に「鎌倉市」に住まいを構えたいと思う方の趣味嗜好によるところが大きい気がします。カラーセレクトにもエリア特性はありそうです。関西とかはどうなんでしょうね(興味深々です!)。

 

2.流行りの色は相変わらず「グレージュ」です。

明るい色味の中でもよく見かけたのが「グレージュ」を使ったコーデイネート。数年前からファッションやヘアカラーで人気の「グレージュ」という色が今年もたくさんのモデルルームで採用されていました。曖昧なニュアンスカラーだからこそ、冷た過ぎず甘すぎず、いろいろなものに合わせやすいというメリットがあり人気なようです。確かにニュアンスカラーというだけでなんだかオシャレな感じはしますよね。かなり多くのモデルルームが建具の一部にグレージュを採用していますので、モデルルームに行った時はぜひチェックしてみてください。

グレージュカラー ※メーカーによって少し色味は変わります

3.木幅の大きいフローリングや、逆に柄がない建具も

グレージュのコーディネートで意外に多いのが、建具に柄や模様がない(薄い)コーディネート。建具がべた塗で、フローリングにも木目柄の薄いものを使うと、ナチュラル感が減る分、スタイリッシュな印象が演出できるので、若い世帯を中心に人気があるようです(実は、個人的にはあまり趣味ではありませんが…)。

逆に、濃い色味のコーディネートなどでは、木目調を強く感じる木幅の大きいフローリングもたくさん見かけるようになりました。木幅が大きいことで、高級感が出る、広く感じるなどのメリットがあるそうです。

飽きのこないカラーを選びたいですね


*** 

最近は建築資材の高騰などの理由から、少しでも安く建材を手に入れるために、カラーセレクトがないマンションや、選択期間が極端に短いマンションも増えてきている気がします。カラーセレクトに間に合わなかった場合も、大抵は一番人気のカラー(モデルルームと同じカラー)で作られることが多いですが、選ぶ楽しみも住まい探しの一環だと思いますので、気になるマンションがあれば、なるべく早めにモデルルームに行って、どの色にしようか悩みたいものですね!

Twitter、ぜひフォローしてください♪

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションが大好きな子育てワーママです。女性目線でマンションの選び方や住まいの情報を発信していきます! (モデルルーム、街づくり、子育て、ワンオペ、保育園、教育)

2 件のコメント

  • マンションでグレージュが流行り始めた時期は
    女性のファッションでグレージュ定番に
    なりはじめた時期は被る気がします。
    特に家事を自分でする中流家庭だと、
    ここ10-15年くらいで
    マンションにも女性の意見が重要視されるように
    なったのかもしれませんね。

    • ホワイト派さん
      コメント、ありがとうございます!
      確かに女性のファッションの流行とリンクしていそうですね。
      個人的には、住まい選びに女性が積極的に参加していくようになるといいなって思っているので、女性の意見が重要視されるのは喜ばしいことです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)