【お頼り返し_26】もう江東5区のマンションに住まないなんて

スポンサードリンク

すまいよみです。

毎日寒いですね!コロナも早く終息してほしいです。

早速ですが、お便りをいただきましたので返答致します。

差出人: 江東5区民

誰に答えて欲しいですか?
すまいよみ

メールアドレス:

メッセージ本文:
お世話になります。
江東5区に詳しいすまいよみさんに質問です。江東5区はハザードが厳しいエリアが多いですが、その中でも荒川などに対して比較的安心と言えるエリアはどこでしょうか。

また北千住、亀戸、船堀あたりは洪水の時にかなりの浸水深になると聞いてます。プラウドタワー亀戸クロスのようなマンションがありますが、昔ならまだしも今の時代にああいう場所は避けた方が無難でしょうか?

(原文のまま)

江東5区内(墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区)で、万が一の時も浸水リスクが無い比較的安心な場所はほとんどありません。

ハザードマップの種類、呼び方は、自治体によって異なりますが、「河川の洪水時」、「大雨による内水氾濫時」、「高潮時」の3種類。

江東5区で浸水リスクがほぼ無い町名です。

墨田区:該当無し
江東区:豊洲2、6丁目、有明1~3丁目、辰巳3丁目
足立区:該当無し
葛飾区:高砂1丁目
江戸川区:清新町、臨海町

これだけしかないのです(すまいよみメインブログ:参考記事)水害リスクが高いエリアでマンションを検討する際、押さえておくべき3つの視点

それでも、5区内では、250万人以上の人が暮らしています。

「数百年に1度の万が一」とはいっても、地球温暖化によって、未曾有の災害はすぐやってくるかもしれません。

まずは、国、街を上げて、水害リスクを軽減させる取り組みが不可欠でしょう。

東京都では、大規模水害時に避難路や避難所を確保する「高台まちづくり」が、河川流域など7区をモデル地区にして進められています。江戸川区は、再開発される船堀の3ヶ所を歩行者用デッキでつなぐ計画で、将来は周辺のマンションや駅をつなぐ通路を中川沿い堤防まで伸ばし避難に活用できるよう検討しています。

そのような自治体の取り組みを期待しましょう。


一方で、マンションは、人々が安心に暮らす地域貢献の役割も担っています。

例えば、「プラウドタワー亀戸クロス


まもなく入居が始まる「プラウドタワー亀戸クロス」亀戸周辺は、過去の水害被害の記憶も残り、浸水リスクが高いエリア。

大雨による浸水ハザードマップ(内水氾濫)では、敷地の一部において最大0.5m~1mの浸水リスクが指摘されていますが、当マンション敷地の一部の地盤を底上げすることや、大雨の際、自動で跳ね上がって浸水を防ぐ「防潮板」を設置することにより、大雨による浸水を防ぐ対策が講じられています。洪水ハザードマップ(外水氾濫)上は、数百年に1度の水害によって荒川の堤防が決壊したときに、最大5mの浸水リスクがあるとされています。荒川が氾濫した際に、全てを防ぎきるものではありませんが、住戸が2階以上となっていることから、個別住戸への浸水は、ほとんど防げるはずです。万が一、亀戸エリア一帯が浸水して大規模停電が発生した際は、商業施設屋上に設置された「コージェネレーションシステム」が住居棟への電力供給を可能としており、復旧するまでの間、共用エレベーターだけでなく、住戸内のディスポーザーまで使用できるというから驚きです。ここまで考えられています。

 

猿江恩賜公園レジデンス

「猿江恩賜公園レジデンス」は、水辺潤う環境と都市性を両立させた立地


同じように、水害リスクが高いエリアですが、当マンションの敷地は周辺より1.8mほどマウンドアップされています。1階に設置される一括受電会社の「借室」扉には、雨水浸水を防ぐ止水扉が設けられるなど、ハザード対策もしっかり施されています。東向き住戸棟の1階部分は、エントランスや共用部分の他に、江東区の備蓄倉庫として活用されます。

 

プラウドタワー金町」は、非常用発電機が4階に設置されています。

「プラウドタワー金町」


クラッシィハウス亀有」は、住戸設定が3階以上。タワーマンション以外では珍しい設計です。

板状マンションには珍しい3階以上を住戸設定としている「クラッシィハウス亀有」


江東5区は、確かに水害リスクが高いエリアにはなりますが、都心部まで近くて便利で、水辺や緑豊かな自然溢れる環境が際立ち、暮らしやすい場所でもあります。私も、リスク以上に惹きつけられ、この地を選んでいます。

これからは、国や社会、街を上げて、リスクが高いエリアの軽減策を計画してくれる傍らで、マンションデベロッパーが、水害リスクに対応した住まい設計をして地域貢献してくれる事を期待しています。マンションが、災害時に地域住民を助けるインフラ施設として機能することにもなるでしょう。

風光明媚な江東5区に安心して住む手助けをしてくれるマンション。

この記事を書いていて『やっぱりマンションていいなあ』と、あらためて実感しました。住人である私もしっかり考えていきたいです!

すまいよみ メインブログはこちら

この記事に出てくる新築マンション

全部にチェックする

この記事に出てくる中古マンション

記事に出てきた物件の掲示板

スムログ出張所(マンションコミュニティ)

ABOUTこの記事をかいた人

ファミリーで永住できる居住性を第一に、資産としての側面も合わせて見るのが、すまいよみマンション選びのモットー。ただしマンション選びに失敗しても深刻になる必要はありません。今や住まいは一生物の買い物ではなく、僕も4度のマンション購入を経て満足の境地に達しました。
東京東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)のマンションを日々探訪しています。
運営ブログすまいよみブログ
マンションコミュニティスムログ出張所スレ

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)