お便り返し(44)物件を売ろうか悩んでいるうちに相場が下がらないか心配

スポンサードリンク

おはようございます、やまちゃんです。今年は家の中にいることが多くて何もしてないだけに、時間だけ早く経つ気がしませんか?気がつけばもう1年の後半、びっくりしてしまいます。仕事も全然はかどりませんが、これは頑張り過ぎずに緩く過ごす機会なのだと開き直って日々過ごしております。。

さて、今回はこちらです。

差出人:にゃんこ

以前にマンションマニアさんに相談して、無事に二年前に大人気新築マンションに入居しました。背中を押していただきありがとうございました。とても素敵な物件で、快適に暮らせております。

ところが諸事情により離婚し、現在五歳の息子を育てるシングルマザーになりました。

独身時に購入したマンションの売却益もあり、私一人でもローンの支払いは何とかなるのですが、勤務先の会社の業績が悪く、この先の収入減を心配しています。

大人気物件でしたので、買った値段より売却査定が1500万ほど高くなっています。

両親も高齢ですし、高値のうちに売却して、実家に帰ろうか迷っています。

とても気に入っている物件なので、なかなか踏ん切りがつかないのですが、迷っているうちに、中古相場が下がってしまいそうで不安です。

ブロガーの皆様、この先の中古相場、どうなると予想しますか?

ご相談ありがとうございます。回答させていただきます。

まずは、マンマニ先生に相談されて選択された物件が大人気でよかったですね。査定額が1500万円もアップするなんて、かなりすごいです。。

ご事情がご事情ですし、せっかくの気に入ったご自宅の絡む話ではありますので、あくまでただの一意見としてお読み頂ければと思います。

 

まず最初に、この先の中古相場については、やはり下がることは下がると思います。

どれくらい下がるかはコロナ次第で分からないとしか言いようがないです。(足元の東京の新規感染者を見ているともっと増えるでしょうし、他府県にばらまかれたのも顕在化してきていますね。)

マンマニ先生に相談されたとのことで首都圏のどこかかと思いますが、リーマンショック時は、中古の値下がり幅は首都圏で▲10%~15%程度でした。悲観的に考えても、▲15%くらい見ておけば大きく外さないのではないかと思います。

ご相談の主旨は、せっかくの「素敵で快適な」ご自宅を手放していいのかという葛藤と、コロナ禍で下がるかも知れない物件価値をどうするかの資産防衛のご心配、と受け取っています。

その上でですが、少しだけ視点を変えて、もっと身近なところを優先して意思決定されては如何かと思いました。

つまり行動のトリガーを「快適な自宅を手放すか」「価格が値下がりしないか」よりも、「にゃんこ様と息子さんとの今後の生活を安全安心に幸せにすること」にフォーカスを定めては如何でしょう、というご提案です。

 

それで、いつも同じようなことを言うのですが、ご実家に戻られてご両親含めた身内同士で生活するのが安全安心ではないかな、と思います。

三世代で同居、いいんじゃないですかね。実家に帰ることができるのは、とても強力な選択肢ですよ。

ご両親がご健在で、にゃんこ様との関係性も良好で、今の職場にも通勤可能という前提になるのかも知れませんが、息子さんの世話をしてもらうとまでは言わないまでも、日常的に接していられる・会話してあげられる身内がいるに越したことはないです。

また、ご両親からしたら、娘(=にゃんこ様)も孫も帰って来るとなったら、嬉しいんじゃないでしょうかね。おふたりの元気な顔を毎日見せてあげられるのも、親孝行の1つの形かと思います。毎日の生活に張りが出て、ボケなくなりますし足腰も弱らなくなりますよ(笑)

また息子さんにとって、祖父母との生活が楽しかったね!という経験・思い出は、大切なことだと思います。長い目で見て、息子さんが将来成人してお嫁さんをもらった時や、赤ちゃんを授かった時に、親元(=にゃんこ様)の近くに住んでくれるかも知れません。男の子は親元に戻ってくることが期待できますね。

このあたりのイメージが具体的に想像できる、悪くなさそうということでしたら、今のご自宅をどうするかの問題になります。

 

まず第1に、にゃんこ様が仰せのように1500万円乗せて売れて御の字なら、さっさと売りに出した方がいいかも知れません。(査定値は仲介を取りたいがためにわざと高く言う業者もいて不正確なので、大手複数社に聞いてみて下さい。同マンションの成約事例を出してもらうと見えやすいです。というかマンマニ先生に売却の相談をされてみては?)

思ったより高く売るのが難しそう、将来またこのマンションに住みたい、ということなら第2の選択肢として賃貸で人に貸して「一旦逃げて」おくのも1つです。

「大人気物件」で、自己居住用の低いローン金利で借りられているのですから、人に貸したらもろもろ引いても懐にお金は入ってくるでしょう。

「勤務先の会社の業績が悪く、この先の収入減を心配」されておられるなら、嬉しい不労所得になります。マンションオーナーの醍醐味の1つです。将来、賃借人が退去した後にマンション市況が良いなら売る選択肢も、またはご自身が戻る選択肢も採ることができます。(賃貸コースは5年10年スパンで考える必要があります。売るなら景気の良いときがいいですよね。)

 

将来の不確実さについて、何だったら許容できて、何だったら困るかを整理してみましょう。

ご実家に帰るなら住まいの快適さは今より落ちるでしょうし、お金の面ではコロナのせいで1500万円アップで売れないかも知れませんが、それでも両者とも想定の範囲内じゃないでしょうか。

住まいは「手段」、お金も「手段」です。一方、にゃんこ様と息子さんの幸せは1番大切な「目的」で、ここを出来る限り確実なものにしたいですね。

にゃんこ様が子供の頃、ご両親が与えてくれた環境ややってくれて嬉しかったこと、たくさん覚えてますよね。息子さんにも用意してあげたいですね。

にゃんこ様が歳をとられた未来を想像して、息子さんにやって欲しいこと、ないでしょうか。ぜひご両親が元気な内にやってあげてください。

ご実家に戻ることで充実した楽しい毎日が実現できそうなら、自宅を売るなり貸すことの不確実さは許容して良いんじゃないか、というのが私の思うところです。

今回のご相談に書かかれていないご事情や、考えなければいけないことも沢山あることと思います。

検討された結果、今のご自宅に住み続けることになったとしても、ご自身の意思決定ですからとても良いことだと思います。自己居住しているうちは、流通価格が5%下がろうが10%下がろうが関係ありません。5年10年経てば、また景気も良くなってきますよ。

息子さんが5歳ということは来春に小学生ですよね。入学したらしばらくは動けなくなってしまうかと思いますが、万事うまくいくことを陰ながら祈っています。

 

注釈:
本記事は、当方の個人的な見解・意見であり、その内容に関していかなる責を負うものではありませんので予めご了承下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

スムログ担当者です。その昔、某デベで新築営業した後、今のWeb業界に転身しました。
妻子供との5人家族+犬2匹、上に3歳児の双子の娘、下に1歳児の娘を持つパパです。