マン点ニュース 21年5月(市場/あれこれ/定点観測)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した5月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ。

マンション市場

超高層マンション市場動向(首都圏)

長期的には4千戸から5千戸程度で推移している。今後、新型コロナの影響はどうなるのか……。

超高層マンション市場動向

首都圏新築分譲マンション市場動向(21年4月)

緊急事態宣言下において、コロナの影響を受けていない人たちの旺盛な需要が垣間見える。

首都圏新築分譲マンション市場動向

首都圏中古マンション市場動向(21年4月)

都心3区の成約単価、過去最高を更新。中古マンション価格が恐ろしいことになっている。

首都圏中古マンション市場動向

あれこれ

タワマンは今後どのくらい供給されるのか?

23区の超高層マンションは120棟・6万戸程度の開発余地がありそう。

タワマンは今後どのくらい供給されるのか

首都圏中古マンション、管理費が修繕積立金を侵食

築浅の中古マンションの修繕積立金が少な過ぎる。

管理費が修繕積立金を侵食

家主側の訴訟代理人は見た!『不動産大異変』ポプラ新書

家主側の訴訟代理人が見た、シビアな住宅事情が描かれている。

定点観測

羽田新ルート|中古タワマン相場への影響

品川・物件C(羽田新ルート直下)は下落あるいは頭打ちだったが、今年に入って上昇し始めたか……。

中古タワマン相場への影響

住宅ローン破たん関連データを可視化

金融庁の要請文書が効いたのか、住宅ローンに係る条件変更等の申し込みは20年5月以降急増。21年3月末時点で6万件を超えた。

住宅ローン破たん

レオパレス21の施工不備問題を可視化

改修工事が完了したのは45,523戸(23.3%)。21年3月期(連結)の最終利益が236億8000万円の赤字。

レオパレス21の施工不備

中国人投資家による日本のマンションへの投資状況

マンション掲載件数は大阪市中央区がダントツ。

中国人投資家

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/マンション・チラシ研究家/長寿ブロガー(16年超)

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)