マンション購入は無理のない範囲内で最高の出物を選ぶことをおすすめしています【マンションマニア】

スポンサードリンク

前々からの読者様ですと私の思いをわかってくださっているのですが最近読み始めたという読者様にはどうしても誤解さがちな市況です。

2011年からブログやSNSで発信しているのですが数年前までは3000万円台や4000万円台の新築マンションでも「おすすめです!!」と言うことが多かったのですが最近は建築費高騰による採算悪化の影響でそのような価格帯の新築マンションほど価格は高いのに狭い、低スペックということが多く、おすすめする新築マンションの多くが6000万円~億超えという価格帯になっています。

ですから「マンションマニアは高価格帯のマンションしかおすすめしない人」と思われてもおかしくないことはたしかです。

ただ、実際にはピンで年収500万円、世帯合わせても年収800万円ほどという方も多く、そのような方におすすめできる新築マンションは少ないけどもおすすめできる中古マンションは豊富にあります。メインブログは新築マンションをメインに取り上げていますから2000万円台~4000万円台でおすすめする出物は少ないのですが中古にシフトすればありますのでご安心ください。

そして、高価格帯マンションをおすすめするばかり、背伸びどころかジャンプして身の丈に合わないマンションを検討される方がもしかしたら増えているかもしれませんが私の思いは前々から変わっていません。

家を買うことで数多くの楽しみを犠牲にしてほしくないということです。

もちろん投資的目線で考えれば与信をMAXに使うべきではあるのですが、マイホームである以上は無理のない範囲で選んでほしいのです。


私は相談業務においても予算面の話はほとんどしません。聞かれれば参考程度に答えますが深いアドバイスはしません。

「予算は相談者様自身で決めるもの」

と考えているからです。

生活費は人それぞれ大きく異なるため、そこのアドバイスを求めるならば第三者のFPさんに聞くべきです。

(マンションカウンターのアドバイザーは宅建はもちろんのことFP所持者も多いためアドバイザーが予算面のアドバイスをすることは多々あります)

ではマンションマニアに相談して得られるものはなにか?

私の役割は「ご予算内で最高の出物を紹介すること」です。

予算(実際には毎月の支払い希望額)が3500万円ならその価格以内で買える最高の出物をご紹介するのです。いわゆるTMD(坪単価満足度)が高いマンションです。それがマンション評論家だからこそできることと考えます。

実際に私自身もそこまで高価格帯のマンションは購入していません。これまで購入したマンションの平均価格は3500万円ほどです。平均駅徒歩分数も12分くらいと駅近ばかりではありません。マンション評論家でありながらも生活満足度を大きく犠牲にするのを嫌うためそこまで背伸びはしていません。

もちろん購入時の年収倍率で言えばとてつもなく低いというわけではないですがそれでもそこまで背伸びしてはいないと思います。

この記事を見ている方でも無理のない範囲で買える価格が3500万円くらいであることが多いのではないでしょうか。共働きが増えていますから×2で7000万円をMAXに、でも育休とか考えたら5000万円に抑えたいよね~。みたいな。

収入はそれぞれ異なるのは当然として、世の中の平均で見たらそんなものかと思います。

私はもともと鉄道会社に勤務しており、鉄道会社だって給料が激安というわけではないものの一人で5000万円の家を買うとかは親の援助や相続金がある方でないと難しく、ほとんどの同僚や先輩が一人で買うなら3500万円、共働きで買うにしても5000万円くらいに抑えていました。

世の中そんなものだと思います。

画像出典:東洋経済オンライン


包み隠さずお話すれば私の現居は8000万円ほど(先の平均価格に込み)です。なんだ話が違うじゃないかと言われそうですがそれは20歳からマンションを購入してすごろくしているからできたことです。すごろくなしにして8000万円は絶対的に無理な価格でした。

この記事を見ているお若い方はぜひこちらを

「若いうちにマンション買って、灯せ将来の青信号」

つまりは2000万円台でも3000万円台でも価値のある物件はごろごろ転がっているということです。ただし新築を除いてです。

仮に3500万円で購入して10年住んで3200万円で売却すれば仲介手数料を引いても600万円強が手元に戻ってきます。もちろん売らなければ600万円の貯金をしているのと同じです。賃貸に住みながら10年で600万円貯金するのはなかなか難しいと思いますが住宅ローンを支払うだけで自動貯金されていくこの仕組みは前々からおすすめしている住みながら投資です。無理のない範囲で購入、さらに自動貯金、胡散臭いかもですが全然胡散臭くないです(笑)

ですから年収がそこまで高くない方にほど早くマンションを買ってほしいというのが前々から私がお伝えしているところです。

この記事は億ション近いものを買う方を批判するものではまったくもってありません。ただ、新築縛りで見ていくと8000万円、なんなら億近くにならないと条件良いマンションを買うのが難しくなっている中で、そこに背を伸ばすならまだしもジャンプして買おうという方も増えているのかな?と思い、別に予算抑えたって良いマンションはごろごろあるのに~。という話です。

ただ、気を付けていただきたいのは価格だけに目がいき身動き取れないマンションを買ってしまうことです。それは絶対に避けるべきです。子育て世代からすれば子育て期間中の満足度はとてもとても大事なことなのはたしかです。ただ、人生の中で見れば子育て期間がごくわずかという見方もできてしまいます。そうなればどのような方でも住み替える可能性を考え、どの価格帯だとしてもある程度は出口を見るべきでしょう。




【お知らせ】

新築マンション・中古マンションの購入相談及びご自宅の売却相談を受け付けております!

マンションマニアへ購入・売却相談をご希望の読者様へ ~問い合わせ方法とお願い~

中古マンションの購入をマンションマニアと進めていくサービスも実施中です!

マンションマニアと中古マンションを探しましょう!!

常設店舗がございます。購入・売却・賃貸管理などのご相談お待ちしております!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店・池袋店・日本橋店・豊洲店・月島店・大阪店




マンションマニア公式ブログ「マンションマニアの住まいカウンター

マンションマニア公式Twitter フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式インスタグラム フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式YouTubeチャンネル チャンネル登録よろしくお願いいたします!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンション評論家のマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1000件超でマンション購入経験は9件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います! 運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター

2 件のコメント

  • ガラ より:

    まさにマンションマニアとして、名に恥じない(この市況化において)誠意あるブログだと思いますね。
    とても納得感がありました。是非、若い人には参考にして貰いたい。
    実際、いいマンションを手ごろな価格で手に入れられれば、毎日のQOLも上がりますし、
    貯金もできるし(リスクはありますが)良いことも多いのは同感です。

    • ガラ様

      マンションマニアです!コメントいただきありがとうございます!

      スムログでは過去物件の良さも多く伝えていければと思います!

      引き続きよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)