マン点ニュース20年4月(市場/コロナ/ほか)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した4月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ。時節柄、新型コロナ絡みの記事も。

【もくじ】

マンション市場(5件)
新型コロナ(2件)
その他(3件)

マンション市場(5件)

首都圏新築マンション市場(19年度)

政府はあの手この手で新築マンション需要を喚起。
笛吹けども踊らず、3万戸割れのドン底へ。

首都圏新築マンション市場(19年度)

首都圏新築マンション市場動向(20年3月)

リーマンショック(08年9月)が発生した翌年3月の水準を若干下回っている程度。コロナ禍の影響はまだ序の口。

首都圏新築マンション市場動向(20年3月)

超高層マンション動向(首都圏)

20年以降の超高層マンション完成予定戸数は、中央・港区に集中。ただ、新型コロナの影響によって、多くの案件で工期が延び、完成が遅れる懸念も。

超高層マンション動向(首都圏)

首都圏中古マンション市場動向(20年3月)

中古マンションの需要復調の兆しが見え始めていたところに、新型コロナウイルスの影響が出てきたようだ。

首都圏中古マンション市場動向(20年3月)

2019全国新築マンション「売主・事業主別供給専有面積ランキング」

住友不動産がダントツ。大手4社(住友・野村・三菱・三井)の一角に、プレサンス(近畿圏のシェアが高い)が割り込んでいる。

「売主・事業主別供給専有面積ランキング」を可視化

新型コロナ(2件)

新型コロナ、今週のSUUMO首都圏版も掲載物件5件

掲載物件数は前号と同じで、たったの5件。
新型コロナ の破壊力、恐るべし ((((;゚Д゚))))

新型コロナ、今週のSUUMO首都圏版も掲載物件5件

新型コロナ、売買分譲業者95%が企業活動に影響

LIFULL社の2度にわたるネット調査の結果を可視化。

新型コロナ、売買分譲業者95%が企業活動に影響が出ている

その他(3件)

羽田新ルート|都心上空を旅客機が襲う

4月4日に都心上空を飛行した83機の200倍速動画(約1分)。

※映像最後のほう(18時12分あたりから)、海上ルートに切り替わり、海側から進入始める飛行機の隊列がなんとも不気味。


新版『東京で家を買うなら』自由国民社

こんなときだからこそ、じっくり読めるいま、おススメしたい1冊。

大阪は違反件数のうち、8割近くが「おとり物件」

不動産物件数が多い東京よりも、大阪や兵庫のほうが違反物件が多いことに驚かされる。特に大阪は、おとり物件が多い(違反物件のうち8割近くがおとり物件)。

大阪は違反件数のうち、8割近くが「おとり物件」

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)