マン点流!見える化(希望額融資を断られた人)

スポンサードリンク

新築マンションを購入するときに、希望する融資額を断られた経験のある人はどのくらいいるのか?

また、どのような理由で、希望する融資額を断られたのか?


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8346084551213004"
data-ad-slot="4376974660"
data-ad-format="auto">

希望する融資額を断られた経験のある人は?

国交省が毎年公表している「住宅市場動向調査報告書 」に掲載されている「希望額融資を断られた経験の有無(分譲住宅_集合住宅)」を可視化したのが次図。

「断られた経験はない」人の割合は漸増傾向。16年度は最も高い94.8%、翌17年度は91.4%。ここ数年、9割以上の人は「断られた経験はない」という状況だ

銀行の審査が年々甘くなってきているのだろうか。

希望額融資を断られた経験の有無

どのような理由で、希望する融資額を断られたのか?

希望する融資額を断られた1割未満の人たちは、どのような理由で断られたのか?

同報告書に掲載されている「希望額融資を断られた理由 (複数回答)」を可視化したのが次図。

年度によって数字が多少変わるものの、最近は「年収」や「勤続年数」で断られる場合が多い

かつては「勤務形態(自営、契約社員等)」を理由に断られる割合が一定数あったのだが、最近はそうでもないようだ。

希望額融資を断られた主な理由

年収が少ない人や勤続年数が短い人は、希望する融資額を得られないという現実……。

あわせて読みたい

スポンサードリンク
頭を抱える女性4(不都合な真実)2

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)