【上がり框なしは不便?】晴海フラッグのオプションにもある上がり框なしのメリット・デメリット(実体験)

スポンサードリンク

スムログに届いたメールを見返していたところ「上がり框(あがりかまち)」に関するこのような質問が届いていました。

「上がり框って何?」という人もこの機会にチェックしてみてください。

マンションに詳しい皆様に「上がり框」について教えて頂きたいです。

皆様ご存じの通り晴海フラッグでは、オプションのインディビジュアルパッケージを選択すると、玄関と廊下が同じタイル張りになり、上がり框もないため、段差どころか境目が完全になくなってしまいます。

玄関と廊下がフルフラットで境目がない場合、生活する上で不便はないのでしょうか?

上がり框が無いマンションをほとんど見たことがないので、どのような使い方をすれば良いのか想像が出来ません。

海外では土足のまま部屋に上がるので框が無くても問題がないと理解できるのですが、日本人は普通靴を脱ぎますよね。

框や境目がないと、靴に付いた塵や埃が家の中に入ってきて不便を感じることはないのでしょうか?

また、リセールで敬遠されることはないのでしょうか?皆様のご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。


私への指名ではありませんでしたが、「上がり框」が有るマンションと、無いマンションのそれぞれに住んだことがありますので、参考までに個人的感想を書いてみます!


そもそも「上がり框」とは?


ウィキペディアにはこのような説明がありました。


上り框(あがりがまち/あがりかまち・上框)は、主に玄関の上がり口で履物を置く土間の部分と廊下や、玄関ホール等の床との段差部に水平に渡した横木をいう。


マンションにおける「上がり框」はこのようなイメージですね。
玄関と廊下の間に段差があります。

上がり框がない写真

上がり框あり


一方、上がり框がないと、このようにフラットになります。

上がり框なし


で、この「上がり框」ですが、
結論から言うと「上がり框」がなくても特に不便を感じたことはありません。

靴を脱ぐときも、なんとなく玄関に入ったあたりで脱いで、そのまま壁に並べて置いておくか、すぐにシューズインクローゼットにしまいます。

靴に付いた塵や埃も玄関どまりで、廊下の先まで侵入していることもありません。

外廊下の場合は、扉を開けたときに風が入って、塵や埃が廊下より先に侵入する可能性はあるかもしれませんが、「上がり框無し」は内廊下マンションに多い気がしますので、もし内廊下であればその心配はないと思われます。

逆に外廊下マンションや戸建てであれば、(周辺環境にもよりますが)塵や埃が入ってくる可能性はありますね。今ちょうど二拠点生活用に戸建ての建築を進めているところですが、希望は上がり框無しのフルフラットだったのですが、設計士さんとの話で、やはりこの埃などの侵入懸念があり、上がり框ありとしました。

上がり框なし。フルフラット玄関&廊下のメリットは?


個人的には上がり框の有り無しは物件選びの大きな要素になることはありませんが、上がり框なしのフルフラットの良さ(メリット)は、見た目がスッキリしていて気持ちが良いのと、ルンバとの相性が良いということでしょうか。

最近のルンバは部屋全体をAIに記憶させ、自分の部屋のマップがスマホアプリ上に表示されます。そして、掃除させたい部屋を選択できます。

上がり框がなければ、玄関と廊下をまとめて掃除させることができて楽です。さらにユニバーサルデザインで部屋全体に段差が全くなければ、玄関・廊下だけではなく、居室、LDKなども含めて1回で掃除を済ませることができて便利です


上がり框がない場合のデメリットは?


一方、上がり框がない場合のデメリットです。

個人的には前述の通り、不便(デメリット)を感じることはありませんが、上がり框のデメリットを強いてあげれば、靴を履いたり脱いだりするときに、腰かける場所がないということでしょうか。

なので、腰痛持ちの方や、妊婦さん、年配者、小さな子供がいる家庭は、玄関に椅子やスツールを置いておくといい気がします。

玄関の広さにもよると思いますが、あまり大きいと邪魔になるので、個人的には汎用性の高いスツールがあると便利かなと思います

そして必要に応じて玄関で使ったり、洗面所やリビング、居室でも使う、という感じです。

汎用性があるアイテムが便利。チェアやコーヒーテーブルとしても使える ※インテリアショップの写真


また、デメリット?なのかはわかりませんが、来客のときに靴を脱ぐ場所で困惑させてしまう、というケースはたまにあります。過去に玄関ドアの前(つまり共用廊下)で脱ごうとする人もいました。

なので、来客が多い方は必要に応じてゲストへのフォローは必要かもしれませんね!

晴海フラッグでは、オプションのインディビジュアルパッケージで玄関と廊下を同じタイル張りにすることができるということですので、一意見ではありますが、上がり框なしのメリット・デメリットを参考にしながら選んでみてください!

合わせて読みたい!


よく読まれている人気記事です。数年後にはメディアを賑わせているであろう大注目物件ですね!
↓ ↓ ↓
>>【想像を超える暮らし!】虎ノ門麻布台とアマンレジデンス東京

スムログ出張所(マンションコミュニティ)

ABOUTこの記事をかいた人

東京の都心6区(千代田区、港区、中央区、渋谷区、新宿区、文京区)特化のマンションブログ「都心マンション倶楽部」の部長として活動しています。
都心マンション倶楽部では、今後販売予定のマンションに関する現地レポ(写真や動画で紹介)、及び周辺エリアの過去の販売状況、中古相場推移などを中心に書いてきました。スムログではみなさんの物件選びの参考になるような記事を書いていければと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。
部員も募集中です!Facebookページ、twitter、LINE、Youtubeチャンネル等でお気軽に入部下さい。
>>【運営ブログ】都心マンション倶楽部 ※クリックで飛びます

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)