モモレジのスムログテーマは「間取り」ではなくデザイン!

スポンサードリンク

この度、マンコミュさんからお誘いいただきこのような華やかな場でブログを書かせていただくことになりましたモモレジです。

以下が簡単ですがプロフィールとなります。

【プロフィール】
「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」管理人。
利害関係のない第三者的な視点から間取りや価格等について毎日記事を更新し、扱った部屋数は5年弱で4,000室超。
不動産業界の人間ではないものの、自己居住用及び投資用としてのマンション購入数は10室を超えるプチ投資家という顔を持ち、猫とマンションをこよなく愛する。
猫と同じで簡単には人に懐かない恥ずかしがり屋で露出を嫌うが、未来から来た猫(のらえもんさん)にマンコミュ座談会に誘われたことが縁でスムログにも参画。

そんな不束者のモモレジですが、初めましての方も知ってるよという方も何卒宜しくお願い致します。

ちなみに、モモレジの自宅はスーモタワーの最上階です(笑)。
約5年分のスーモとモデルルームでもらう資料で部屋は大分前から大変なことに(笑)。

IMG_6686[1]
それで本題にいきますが、せっかくマンコミュさんにこのような場をいただいたので、スムログではこれまでのモモレジのブログとは違った形のものを提供したいと考えました。
モモレジというと「間取りの人(笑)」というイメージが強いかと思いますが、スムログでのモモレジのテーマはズバリ・・・、

「マンションの間取りや価格はなるべく言わない!」です(笑)

確かに私は「間取り」も好きですが、たぶん皆さんが思っているほどは「間取り」が好きではありません(マジか・・・)。
ブログとして「間取り」について語るのは面白いと思ったことと、マンションを吟味する上で「間取り」は欠かせないものであることからそのような形になっていましたが、極端な話、間取りが少々悪かろうとも価格が安ければ買いますし、その他総合的にパフォーマンスを吟味した結果購入するか否かの判断をします。当たり前だな・・・。

ちなみに、私の富久クロスの「ウナギ」な記事を読んでどのように思われた方が多いのかは分かりませんが、私は富久クロスが非常に好きですし、分譲時は喉から手が出るほど欲しいと思った物件でした(「どの部屋でもいいから欲しい」とまでは思わず特定の部屋でしたが)。

というわけで、上手く伝わっていないかもしれませんが、モモレジは究極的にそのマンションの「パフォーマンスの全て」と「価格」との「バランス」で良し悪しを判定しています。そして、それは「投資」でも「自己居住用」でも変わりません(「投資」の方が「価格」の基準が厳しくなりますし、「自己居住用」の場合はもちろん家族の意向も考慮しますが(汗))。

こと「投資」においては自分が住みたいか住みたくないかに関係なく「数字(利回り)」に拘る方が少なくないと思いますが、それって矛盾していると思うんです。「自分が」である必要はないかと思いますが、「多くの人が住みたいと思うか思わないか」は当然重要です。例えばですが、個人的には、いくら立地が良かろうが管理が杜撰で古さが際立っている、新しくともデザインのセンスが悪い物件にはこれっぽっちも住みたいと思わないですし、私に限らずそう思う人が一定数いる以上、それは賃料(利回り)にも当然影響してくるわけで、そういった面を加味しつつ数字(想定賃料や利回り)を見ると案外違う景色が見えてくるかもしれません。専有部はリフォームやリノベでなんとかなりますが、共用部は区分所有者ではどうにもなりませんから・・・。

話がそれ気味ですが、このスムログでモモレジは「デザイン」や「ランドスケープ」などを中心に語って行きたいと思っています。私のこれまでのブログは間取り図ばかりで地味でしたが、このスムログでは実物の写真を中心に将来のヴィンテージマンション、エリアを代表する素敵なマンションを一際マニアックな視点で語って行きたいと思う所存です。
※注:現状のブログを書くだけで手一杯なので写真で誤魔化そうとしているわけではありません(笑)

不動産は一物一価!同じものは一つもないその魅力の1つ1つを余すこと無く語って行きたいですね。

また、メンバーの中で「投資」をやっているのは私だけなので、少ない機会になるとは思いますが、「投資」的な視点、ないしは、実需における「資産価値」的な視点でも時たま記事を書いていきたいと思っています。

いずれにしろこのスムログでは「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」では多くは語ってこなかった部分に焦点を当て、マンションを愛する方、マンションを楽しみたい方向けのエンターテインメント型のコンテンツを提供することを念頭に置いて頑張ります。

末永く応援いただけましたら幸いです。

2016年5月10日

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」管理人。利害関係のない第三者的な視点を徹底し、間取りや価格等について毎日記事を更新。これまでに扱った部屋数は6,300室を超える。 不動産業界の人間ではないものの、自己居住用及び投資用としてのマンション購入件数は10室を超えるプチ投資家という顔を持ち、猫とマンションをこよなく愛する。

メインブログはこちら
「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」