賃貸vs購入の比較なんてあまり真剣に考えてもしゃーない

スポンサードリンク

このエントリをごらんの皆さま、あなたはマンションの購入に前向きですか?

のらえもん1

元橘玲信者の私は前向きです。一応、購入に踏み切る前にさんざん計算もしましたし、リスク保有のポジションを取れるなら、低金利の今借りてしまえとも思ってます。
購入と賃貸の比較・金利3%でバランスするよう設計されている

そんな私ですが、購入と賃貸どちらが有利?なんて議論が起こること、最近になって私は疑問に思ってきたのです。

のらえもんの自宅マンション駐車場からフェラーリやレクサスが次々に出てきますけど、持ち主は、「車なんて走れればよい」と考えて、”軽自動車や99万円中古エスティマ”と”新車のレクサス”を比較するでしょうか。答えは否でしょう。なぜ車はそのように考えないのに、こと住宅となるとみんな悩むのでしょう。

マンションに限らず、住宅というものは極めて個人的な事情で購入を検討するものです。

「結婚を機に二人の住まいを考える」
「子どもが小学生に上がったので地区内に住み続けたい」
「一人親を近くに呼び寄せたい」
「友人宅がうらやましかった」

動機なんてそんなところからスタートします。ところが、個人の事情と全体の相場感というのはリンクしていません。不動産価格は上下運動を繰り返しますが、上昇しきった時に買って底のときに売ろうとすると脱出ができません。新築と中古の乖離が激しい地区で買うと、ハンコを突いた瞬間に2割安が決定するので、離婚後の清算が困難になったりします。

でもそんなこと、買うときに真剣に考えますかねー???

まず買うが先にあるんじゃないですか?そこからどんな間取りに住んだらいいか・資金繰りは大丈夫か・将来的にどこに住んだら楽しそうかと考え始めるんじゃないでしょうか。

新築と中古の乖離が激しいなら、最初から中古に絞ればいいし、全体的な不動産価格が上昇していて買えないなら下降を待つもよし、これから開発がされていく地区(ごく僅かですが)に入植民として入ればいい。人それぞれに最適な行動は違います。

ポジションを取れない人が賃貸の方が自由でいい、そう言ってるだけなんじゃないか。

私はそんなことを考えながら以下二つのエントリを読んでいます。

マン点流!不都合な真実を解説(賃貸vs購入)
住宅購入を無理しないという選択

私は、最初に買うって希望した人に対して、今後の選択をどうするかってところに手助けしたいですね。

個人が35年固定で1.11%で借りれる世の中、スルガ銀行から4%で借り入れて建設された投資家の利益ばかり向いた安普請賃貸用マンションに住むより、ポジションとってでも自分と家族のために良い住環境を手に入れたほうがQOLの向上につながると思ってます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションコミュニティをご覧のみなさまこんにちは!東京湾岸に発生したマンション好きのぽっちゃり妖精・のらえもんです。 マンション購入ということに真正面から真剣に考えたブログを運営して早4年、こちらにはみ出しブログを運営することになりました。よろしくお願いします!
運営ブログマンション購入を真剣に考えるブログ

3 件のコメント

  • のらえもんさんのブログを参考にしながらオリゾンマーレ購入しました。住みごごちは最高です。ガレリアグランデだけではなく、是非オリゾンマーレを議題に今後も取り上げてください。よろしくお願い致します。

  • でも買う前にもう一度立ち止まってほしいですね
    本当に自分はポジションが取れるのか
    一過的な思いで購入に踏み切ってしまっていないか
    人生の中で大切なこと、仕事のキャリアややりたい事、そういったことをマンション購入によって切り捨ててしまっていないか
    本当に自分や家族にとって大事なことは何か
    ご認識のことかと存じますが、家を買わないという選択自体は決して悪いものではないと思います
    車を買うときだって同じだと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。