2タイプの3LDKの間取り。家族4人で住むために、どちらを選べば良いか。

スポンサードリンク


こんにちは、すまいよみです。

現在、東京の東エリアで注目されている新築マンション「ザ・パークハウス曳舟」の第1期登録が、いよいよ10/21(金)より始まります。

私の元に寄せられる相談も多く、登録直前になって同じ質問が立て続けにきました。

「4人家族で住むために、2タイプしかない3LDK住戸、どちらを選べば良いか」

 

Iタイプ(69.84㎡)
6階、7,600万円台(坪単価362万円)

Iタイプ(出展:ザ・パークハウス曳舟 公式HP)


 

Jタイプ(70.00㎡)
6階、7,600万円台(坪単価361万円)

Iタイプ(出展:ザ・パークハウス曳舟 公式HP)


※価格は、予定価格時であり、実際の分譲価格とは異なる場合があります。

 

正直申し上げると、LDの広さを含めて、両タイプとも家族4人での生活は少し手狭で、積極的に選ぶには優劣がつけがたい間取りですが、3LDKがこの2つのタイプしかなく、この立地、企画の良さ、エリア内での希少性で購入を決断したときに、間取りで選ぶマンションではないかなとも思っています。その上で、どちらかと言えばですが、すまいよみ家族ならJタイプを選びます。理由は主に3つ。優先順位が高い順に。

優先順位1位:子供2人のプライバシー性を確保

子供が大きくなったとき、リビングに直接隣接した部屋は抵抗があると思いました。ですから、子供2人がそれぞれ部屋を持つことになった時、夫婦の部屋をリビングに隣接した洋室2にします。6畳あって、シングルベッド2つ(もしくはダブルベッド)を置いて生活できそうだからです。Iタイプの4.5畳のスペースでは、さすがに夫婦2人の部屋にできないと妻と判断しました。これが1番大きな視点です。子供部屋にする洋室3は、柱の浸食を除くと4畳程度しかなく、キッチンに隣接しているのですが、リビングに隣接しているよりはマシかなと思いました。プライバシー性からは、もうひとつ大事な視点。子供が多感になってきたときに、洗面室がリビング外にある点も重要視しました。

私達すまいよみ夫婦も、正直、プライバシー性など無い昭和の住宅事情の中で生まれ育ってきた経緯があり、贅沢かなとも思うのですが、きっと今の子供達には大事な視点なんだろうと優先順位を1番にしました。

優先順位2位:騒音

Iタイプは、明治通りに面しているため、1番奥まったJタイプと比較して騒音が厳しそうなため、少しでも奥まった環境が良いと思いました。

優先順位3位:部屋の形、家具の配置のしやすさ

Iタイプは、リビング、他2つの居室の角、三角上のスペースに家具を置けず、デッドスペースになってしまいます。シンプルに長方形の形の部屋が良いと思いました(すまいよみ:関連記事)。タワーマンションの角住戸 コーナーリビングは、本当に最高の住空間?


ただし、当マンションの購入を決めたときには、冒頭でも触れたように、どちらも積極的に選びたい間取りとは言いがたいため、申込当日になって、少しでも抽選にならない方を優先すると思います。購入できれば(抽選に当たれば)、どちらの間取りでも良いかなという感じです。

簡単ですが、以上になります。

すまいよみメインブログはこちらから

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【ザ・パークハウス 曳舟】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

スムログ記事

スムラボ記事

記事に出てきた物件の掲示板

スムログ出張所(マンションコミュニティ)

ABOUTこの記事をかいた人

ファミリーで永住できる居住性を第一に、資産としての側面も合わせて見るのが、すまいよみマンション選びのモットー。ただしマンション選びに失敗しても深刻になる必要はありません。今や住まいは一生物の買い物ではなく、僕も4度のマンション購入を経て満足の境地に達しました。
東京東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)のマンションを日々探訪しています。
運営ブログすまいよみブログ
マンションコミュニティスムログ出張所スレ

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)