第330回 「マンションの性能について質問してみよう」

スポンサードリンク

このブログは原則として10日おき(5、15、25)の更新です。

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論を展開しております。

生活の基盤であるマンションを購入するときは、その性能、すなわち見た眼だけでは分からない部分を含めて確かめることが大事です。

購入する前に確認しておかなければならない設計上のポイントをご紹介しましょう。

 

新築マンションのモデルルームでは、見えないところも含めて親切に説明してくれる営業担当者に出会います。ところが、説明の大部分はセールスポイントです。つまり、売主として自慢したいだけなのです。

 

たとえば、「このマンションは、等級2の耐震強度があります」と、聞きもしないのに説明したら、それは他より優れていることを表しています。事実、等級2というのは、学校や病院などの公共建築物で採用されるレベル、すなわち、震度6強から7程度の地震の1.25倍まで耐えられる強度なのです。

 

営業マンとして、当然の行為です。こうしたハイレベルの建物は、コストもかかりますし、採用するマンションは稀少ですから、力説したがります。

 

反対に、そうでない普通の部分もしくはレベルが低い部分は消極的です。つまり、聞けば教えてくれますが、聞かれなければ黙っているのです

 

たとえば、セキュリティ対策としての3重、4重ロックシステム。共用玄関で2度、エレベーターでもう一度、最後は我が家の玄関のロックを解錠して室内に入るというものですが、この採用例は中小規模の物件では少なく、大抵は2か所止まりです。

 

そのような並のマンションに、「1階玄関はオートロックがかかっておりますから安全です」などと、ことさら説明を加える営業マンはいません。

実は、渡される書面(普通は、「性能表示ガイド」か、性能評価書」)に図示されていますし、説明もありますが、その設計レベルがどのくらい安全なものであるかは、素人にはよく分かりません。

 

性能についての質問をしよう

重要なのは基本性能ですから、この部分に関しては、次のように尋ねましょう。

 

1)長期優良住宅の認定は受けていますか?

2)設計住宅性能評価は受けていますか?

3)建設住宅性能評価は受ける予定ですか?

4)耐震強度はどのくらいですか?

5)防犯マンションの認定は受けていますか?

6)エレベーター内に監視カメラはありますか?

7)オートロックは何か所ですか?

8)カメラは各住戸前にもついていますか?

9)バルコニー側の窓に防犯センサーはついていますか?

10)床・壁・配管の遮音対策はどうなっていますか?そのレベルは?

11)断熱・結露対策はどうなっていますか?そのレベルは?

12)コンクリートの耐久年数は何年ですか?

13)梁下の寸法で低い所はないですか?

 

間地りに関する質問も重要です

安くないカネを払って買うのですから、平時にストレスを感じるような間取りや設備は願い下げですね。次のようなことも確認しましょう。

 

1)手摺りの増設は可能ですか?・・・家族の年齢のよっては、廊下やトイレに手すりを取り付けたいというニーズがあると考えられます。その場合の対応として、予め下地の桟(さん)を設けておく必要があります。

 

2)トイレの広さを確認しましょう・・・便器の先端からドアまたは壁の位置までの寸法は、60cmは欲しいのですが、55cmギリギリという設計も多いので注意しましょう。

 

3)布団収納のスペースを確認しましょう・・・夏場に使わない布団をしまう物入れは、幅、奥行きともに内法で90cm以上必要です。

 

4)主寝室のプライバシー性能をチェックしましょう・・・外廊下に面した部屋は気になりますね。音漏れはないでしょうか?

 

5)ダブルベッドの両脇を40cm以上空けて置ける幅がありますか?・・・壁に押し付けて置くと、ベッドの上を這って出入りすることになりませんか?

 

6)窓の外側の掃除は可能ですか?・・・バルコニーが付いている部屋なら問題はありませんが、そうでない部屋の窓掃除は気になる点です。

 

以上の質問項目はプリントしておいて、見学に行くさいはポケットに忍ばせておくとよいかもしれません。

 

・・・今日はここまでです。ご購読ありがとうございました・・・・・次は10日後の予定です。

 

ご質問・ご相談は三井健太のマンション相談室までお気軽にどうぞ。

http://www.syuppanservice.com

 

※三井健太の2大サービス「マンション評価サービス」と「将来価格の予測サービス」

・・・継続中・・・ご利用をお勧めします。

 

★★★ 中古物件の見学は「三井健太ルート」経由がオトクです★★★

(ネット上で候補物件を見つけたら、先ずは業者より三井健太にご一報を手数料の減額サービスが受けられます)

 

 

※別サイトのブログ「マンション購入を考える」もお役立ち情報が満載です

780本以上の記事があります。

https://mituikenta.com

 

▲▼三井健太のマンション相談室もマンション関連情報が満載です▲▼

http://www.syuppanservice.com)お気軽に覗いてみて下さい

 

★★★ サイトで見つけた良さそうな中古マンション。その頁の不動産業者と連絡を取る前に★★★手数料がお安くなります★★★

 

ABOUTこの記事をかいた人

マンション業界の裏側を知りつくした、OBだからこその視点で切り込むマンション情報。買い手の疑問と不安を解決。マンション購入を後押しします。

運営ブログ:三井健太のマンション相談室