マンマニ邸3周年!! 数年先を見据えた住宅選びをおすすめしています!!【マンションマニア】

スポンサードリンク

どうも!マンションマニアです!

今回の記事は「マンマニ邸に住んでから3年が経過しますよ~」というただのご報告記事ではありますが少しは住宅購入検討者の役に立つかもしれないことも話します!!

現居は2017年に購入(新築青田売り)、2019年春に入居しました。

会社を退職して独立後初のマンション購入ということで住宅ローン審査に通った時の感動は今でも覚えています。

入居して3年経過したわけですがあの時の判断は正しかったと感じる日々です。何回もマンションを購入していますが毎度毎度満足しています。

私は後悔のない住まい選びをしていただきたいという思いで活動しています。アドバイスする際によくお伝えすることがあります。

数年先を見据えて選びましょう

と。

長年見てくださっている方からすればまたこの話か~となるかと思いますが新規読者様も多いためお許しを。

住宅購入においては購入する時点で合っているのかどうかも無視はできないのですが購入時点での相性を優先しすぎると数年後に「あの時あ~しておけば~」となりかねません。もちろん将来のことなんて誰もわからないのは百も承知です。でも10年、20年後を見据えて買いましょうという話ではなく数年後を見据えて~という話ですからそれであればなんとなく想像できるのではないでしょうか。(最初から永住目的であればもっと先を見据えても良いと思います)

マンションに関しては流動性も高いですし、低金利ですから数年間住めば残債割れリスクも低くなります。購入時点で数年後にも満足して住めそうなものを選択すると買い替えしなくては~となるのはそのさらに数年先でしょう。即入居のマンションであればまだしも引渡しまで時間のある新築マンションの場合はより数年先を意識することで短期買い替えに迫られるリスクを低くできますし、満足度も高めやすくなります。

入居から数年先を見据えるのはご自身が求める希望条件だけでなく街、マンションそのものの立ち位置も見てあげるべきです。

入居から数年先のこの街はどうなっているのだろうか、そして築3年~5年となったこのマンションはエリア内でどのような立ち位置となりその時に検討する人にどう映るのだろうか…

もちろん売る前提で買う必要はないのですが売る可能性もあるわけですし、客観的な目線で街とマンションを見ることはとても大切なことです。

検討しているマンションの次のオーナーは今時点でマンションを検討している人たちではありません。数年先の検討者です。将来の検討者から見て輝いて見える街、マンションであればそれは自身にとっても満足度高いものとなり「永住したい」と思えるレベルの存在となっているかもしれません。残念ながら何かしらの理由で売却となってもしっかりと動くことでしょう。

もしも今時点のことばかりを考えすぎていたり、遠い将来のことを考えすぎていたという方はぜひ数年先という目線で検討することにシフトしてみることをおすすめいたします!

最後に住みながら投資について!

3年ほど住むと住みながら投資しているなぁ~感が出てきやすくなります。物件ごとの価格維持率や市況の変化、借入金利にもよるのですが3年ほど住むと諸費用分をペイできることが多いです。

借り入れた金額ごとの3年経過時点での残債は

※35年ローン 金利0.5%で計算(変動での計算のため金利が変わることもあります)
※残債は数万円の誤差あり

当初借入2000万円 = 残債1840万円 毎月の支払額51,917円
当初借入3000万円 = 残債2760万円 毎月の支払額77,875円
当初借入4000万円 = 残債3680万円 毎月の支払額103,834円
当初借入5000万円 = 残債4600万円 毎月の支払額129,792円
当初借入6000万円 = 残債5530万円 毎月の支払額155,751円
当初借入7000万円 = 残債6450万円 毎月の支払額181,709円
当初借入8000万円 = 残債7370万円 毎月の支払額207,668円
当初借入9000万円 = 残債8290万円 毎月の支払額233,626円
当初借入10000万円 = 残債9210万円 毎月の支払額259,585円
当初借入11000万円 = 残債10130万円 毎月の支払額285,543円
当初借入12000万円 = 残債11050万円 毎月の支払額311,502円

となります。

3年でもそれなりには減っています。これがタイムイズマネー効果です。一次取得者はできる限り早く購入したほうが良いとおすすめする理由の一つです。今時点で一次取得検討中の方がもしも3年前に購入していたらこれだけの残債を減らせていたのです。もしも今買わずに3年後に購入するとなればその時点でも同じことを思うこととなってしまいます。

もちろん住宅購入はタイミングですし、気に入った出物がない中で無理に買う必要はないのですが目の前に欲しい出物があるなら掴んじゃったほうが良いですよね~ということです!

私が初めて購入したのは約16年前。買い替えてしまっているので実際とは異なりますが16年後の残債は

※当時は金利が異なるため借り換えていないとここまで下がりません
※35年ローン 金利0.5%で計算(変動での計算のため金利が変わることもあります)
※残債は数万円の誤差あり

当初借入2000万円 = 残債1130万円
当初借入3000万円 = 残債1690万円
当初借入4000万円 = 残債2260万円
当初借入5000万円 = 残債2820万円
当初借入6000万円 = 残債3390万円
当初借入7000万円 = 残債3950万円
当初借入8000万円 = 残債4520万円
当初借入9000万円 = 残債5080万円
当初借入10000万円 = 残債5650万円
当初借入11000万円 = 残債6210万円
当初借入12000万円 = 残債6770万円

となります。

16年…振り返れば長いようであっという間じゃないですか??

お金の話ばっかりしてしまいましたが気に入ったマンション買えば満足度で元が取れますよ!!

よほど資産性強めというわけでなければ残債割れと毎月の支払いだけ気をつければOK!

早くこちらの世界にきて楽しい生活と住みながら投資をスタートしていただきたいですっ!!

引き続きよろしくお願いいたします。

ご相談お待ちしております!!


マンションマニアへ購入・売却相談

動画でも語っております!

■マンマニ邸3周年!! 数年先を見据えた住宅選びをおすすめしています!!※ラジオ感覚でお聴きください



チャンネル登録もよろしくお願いいたします!




 




マンションマニア公式YouTubeチャンネル

マンションマニア公式Twitter

マンションマニア公式インスタグラム




関連記事

マンションマニア 7回目のマンション購入記 まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

マンションブロガーのマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1500件超でマンション購入経験は10件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います!
運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター
スムログ出張所⇒おすすめ新築マンション価格調査

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)