【お便り返し】資産性を追求すべき?そもそも資産性とは。

スポンサードリンク

こんにちは!
ふじふじ太です!

お便り返しです。

 


差出人: ぺんぺん草

 

誰に答えて欲しいですか?

マンションマニア, のらえもん, 三井健太, ふじふじ太, すまいよみ, はるぶー, 住井はな, 和田浩明

 

関東首都圏で新築マンションの一次取得を検討している共働き世帯年収1,700万(夫1,200妻500)子ナシ(予定あり)アラサーサラリーマンです。

一次取得はとにかく資産性の高いものをというアドバイスを参考に人気エリアの駅近で広く検討しているのですが、

住宅ローン・毎月の負担額ギリギリのラインを攻めて出来るだけ資産性の高い(プレミア区画等)を狙いにいった方がいいのか、迷っております。

収入としては派手に上がるわけではないですが、今後も昇給が望め、10年後には世帯年収1,900万円程度になる見込みです。ただ子供次第では妻の収入が不安定になる可能性もあり(復職の見込みです)

今時点の収入でどの程度チャレンジしていいのかが悩ましいです。

相場として今非常に高止まりしていることもあり、資産性の高いマンションの面積的にも少し抑え目の区画にするのか、資産性をとことん追求するのがいいか迷っています。

アドバイス頂けますと幸いです。


 

 

 

 

お便り有難う御座います!
私、ふじふじ太が回答させて頂きます。

 


お若くして素晴らしいご与信をお持ちですね!
うらやましい限りです笑

 


早速お悩み点の私の結論ですが、「資産性の高いマンションの面積的にも少し抑え目の区画にする」方をお勧めいたします。

 

 

ぺんぺん草様のご状況的に、今後奥様のご収入が不安定になる可能性もあるということですので、あえて住宅ローン・毎月の負担額ギリギリのラインを攻める必要はないかと考えます。


お子様ができれば急な出費が増えますし、今後多くの教育資金も発生することでしょう。

 


月々の住宅ローンの支払いが家計を圧迫してしまい、教育資金に充てるお金が少なくなったり、日々の生活が苦しくなるというと本末転倒かなと思います。


 

ご認識の通り、今はマンション価格も高騰しておりますので、その中でもなるべくリスクを減らすという視点で考えるのであれば、グロス価格(購入価格)は低めに抑えるに越したことはありません。

 



将来売却を考えた時に、仮にですが9,000万円のお部屋が購入できる顧客層よりも、7,000万円のお部屋を購入できる方の割合の方が多いので、より売却もしやすくなるというメリットもございます。

 



人気駅の駅近マンションということですので、プレミアムフロアではなく、少し面積を抑え目にしたお部屋を選ぶという形で全く問題ないと思います。
※最低限満足できる広さを有していることが前提ですが。。

 

 

資産性とは?

 

 

また、少々「資産性」の認識に相違がありそうですので、補足でご説明いたします。


私が考える資産性とはつまり、「買った金額よりどれくらい値上がるか、値落ちしないか」ということです。

 

一般的に多くの人が気に入るであろう人気のお部屋(プレミアムフロア、高層階、南向き等)が必ずしも資産性が高いとは限りませんのご注意下さい。


なぜなら人気があるお部屋というのは、元々売っている価格も高いからです。

特に新築マンションは人気があるお部屋はより高く、人気がないお部屋はより低く価格設定される傾向があります。

 


投資家がタワーマンション北向き低層階を好んで買う理由はそのためです。


プレミアムフロアは特に価格が上乗せされがちで、そのマンションの一般的な購入層のボリュームゾーンを超えているので、むしろギャンブル的な要素が高くなるので注意が必要です。


 

 

「人気があるお部屋」と「資産性が高いお部屋」は似ているようですが、あくまで「資産性」は購入価格との対比で語られるものですので、お部屋の良し悪しのみで語られることはありません。

 

 


ご検討のプレミアムフロアが、よほど割安感のあるお部屋なのであれば検討の余地ありですが、家計としてギリギリということであれば、何れにしろあまりお勧めはしにくいです。

 

また、資産性を決める要素の中でインパクトの大きいものを上から順番に3つに並べると、下記の通りです。

 

 

①エリア

まずはどのエリアに買うかが最も重要です。
エリア自体に「住みたい」というニーズが薄ければ、どんなに大規模でハイブランドな高級マンションを作っても、資産性が高いとは言いにくいでしょう。

逆に言うと、今後人口増加が見込まれる街や、大規模な再開発がある街などは将来価値が高まる可能性があります。

 

②マンション

続いて、マンションの「立地・規模感・築年数・ブランド」等が重要になってきます。

 

③お部屋

そして、最後にお部屋の「間取り・方角・眺望・階数」等という順番になります。

 

 



どんなに素晴らしい間取りで、素晴らしい方角で、素晴らしい眺望であったとしても、①エリア、②マンションで見誤ると、売却に苦戦することが多いです。


 

よって、資産性の観点で言うと、①エリア・②マンションで良い選択をされていれば、③のお部屋の要素はそこまでシビアに気にする必要はございません。


 

個別のお部屋の良し悪しと、価格の妥当性の判断はプロでもかなり難しいレベルですので、お部屋は居住性重視で、お好みに応じてご予算の範囲で住みたいと思うお部屋を選ばれた方が満足度は高いと思います!

 

 

ぺんぺん草様にとって、物件選びの参考になれば幸いです!

 

 

 

 

 

三井健太氏によるオンラインセミナーのご案内

 

オンラインセミナー大好評!!


前回予定が合わず別日で調整をしてほしいという声も多数頂き、

2021年10月3日(日)の10時より、スムログブロガーでお馴染みの三井健太さんによるオンラインセミナーを実施いたします!

テーマは「コロナ禍のマンション市場の現況&今後の展望」です。

 

話題の新築「晴海フラッグ」に関することから、コロナ禍オリンピック後のマンション市場の展望についてもお話し頂きますので、ご興味のある方は是非下記URLより詳細をご覧ください。

 

詳しくは
↓↓
10/3(日) オンラインセミナー開催!~三井健太氏による失敗しないマンション購入術 第8弾~

 

 

 

本日は以上となります!
ご購読頂き有難う御座いました!

スポンサードリンク

随時相談受付中。ふじふじ太に直接会って相談したい!という方はこちらから!

Twitterでも情報発信しています、アカウントはこちらから。ぜひフォローお願いいたします!

ABOUTこの記事をかいた人

不動産コンサルティングマスター。湾岸マンション好きで某大手仲介を辞めて地場仲介に転職。現役不動産仲介マン。湾岸マンション価格ナビ編集長。自身も2017年に湾岸マンションを購入。不透明な不動産仲介業を透明化させ、失敗のない購入・売却のサポートをすることが使命!

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)