マン点ニュース19年6月(市場/本/ほか)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した6月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ

【もくじ】
マンション市場(3件)
本の紹介(2件)
その他(5件)

マンション市場(3件)

首都圏新築マンション市場動向(19年5月)

23区の発売戸数の割合は、5千万円を境にクッキリと2極化している。

価格帯別の発売戸数割合の推移(23区)

首都圏中古マンション市場動向(19年5月)

都心3区の成約単価は、18年8月にピーク(119.37万円)を記録したあと120万円を目前に足踏み状態が続いていたが、5月に109.09万円まで下落。

成約単価・在庫件数の推移(23区)

住宅着工統計(19年5月)

都内の着工戸数は前年同月比▲10.4%減。勢いが見られない……。

【都内の分譲マンション】前年同月比▲10.4%減

本の紹介(2件)

それでも住みますか?『限界のタワーマンション』

一部、強調し過ぎなところがなくもないが、タワマンの負の側面がシッカリ描かれているので、タワマン購入を検討されている人は目を通しておいて損はないだろう。

限界のタワーマンション

『富士山噴火と南海トラフ』20XX年、国家存亡の危機

そのとき首都圏ではどんなことが起きるのか……。

その他(5件)

設計事務所・建設会社の売上高ランキング推移

家電や自動車のメーカー名であれば多くの人に知られているが、一生の買いものであるマンションに関係する設計事務所や建設会社の名前は、必ずしもよく知られていないのではないか。

設計・監理業務(総合)

マンション管理会社の受託戸数ランキング2019

日本ハウズイングと大京アステージが40万戸超えで2強。第2グループは、30万戸超えの2社(東急コミュニティー、三菱地所コミュニティ)。

日本ハウズイング、大京アステージが2強

神戸市長のタワーマンション増加批判

神戸市の久元喜造市長(元自治・総務官僚、65歳)は、どちらかといえば、タワーマンションに批判的。

↓ 40秒


民泊新法1年、家主居住型が伸びていない(大臣会見)

筆者の独自調査によれば、東京では3割、大阪では4割を超える違法民泊らしき存在が観測されているのだが、国交大臣の記者会見では「違法民泊」の問題には触れられていなかった。

違法民泊は減っていない

なぜNHKは唐突に「構造スリット問題」を報じたのか?

NHKが6月22日19時のニュース7で、構造スリットの施工ミス問題を報じていた。なぜ、この時期に。あまりにも唐突感があったので、調べてみると……。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)