マン点Pickup22年12月(マンション市場/住宅ローン/ほか)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した12月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ。

マンション市場

首都圏新築分譲マンション市場動向(22年11月)

23区の発売単価は下落傾向を見せている。

首都圏新築分譲マンション市場動向

東京23区新築分譲マンション市場動向(22年11月)

千代田区のm2単価の高さが目立つ。

11月に飛び抜けているのは「パークコート千代田一番町」(2期1次10戸、約3億~6億円)の影響。

東京23区新築分譲マンション市場動向

首都圏マンション市場予測(2023年)

実績が予測を上回ったのは17年間(06~22年)で3回。

不動産経済研究所が発表する予測は毎回、希望的観測に満ち溢れていると言えなくもない。

2023年首都圏マンション市場予測

首都圏中古マンション市場動向(22年11月)

都心3区の11月の成約単価は160万円を突破し、過去最高の162.7万円(坪537万円)。

首都圏中古マンション市場動向

住宅着工統計(22年11月)

都内分譲マンション、大幅に増加。

住宅着工統計

住宅ローン

おすすめの銀行はどこか(顧客満足度ランキング)

ソニー銀行は2021年まで「総合満足度」ランキング11年連続1位だった。

2022年はauじぶん銀行が1位。

「総合満足度」ランキング

住宅ローン破たん・条件変更データを可視化

住宅ローンに係る貸付条件の変更等の件数が増加している。

黒田総裁の4月退任に向けて、急増するのか……。

住宅ローン破たん

ほか

『なぜ東急沿線に住みたがるのか』(本の紹介)

約40年東急線沿線に住み続けるフリーライター永江朗氏の新著。

東急線沿線でマンション選びをされている方にはおススメ。

マンション購入・売却・賃貸、不動産業者とのトラブルはどの程度あるのか

東京都は12月14日、「不動産取引に関する相談及び指導等の概要」を公表。

賃貸借に係る相談が多く、21年度は全体の74%を占めている。

不動産業者とのトラブルはどの程度あるのか

三井健太さんを偲ぶ

三井健太さんに初めてお会いしたのは、今から6年前の2016年11月、第1回スムログ忘年会の席でした。

三井健太さんを偲ぶ
それでは、みなさん良いお年を!

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/マンション・チラシ研究家/長寿ブロガー(16年超)

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)