マン点Pickup22年9月(マンション市場/地震防災/設計・建設会社)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した9月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ。

マンション市場

首都圏 新築分譲マンション市場動向

23区では発売単価は下落傾向を見せている。

首都圏新築分譲マンション市場動向(22年8月)

東京23区 新築分譲マンション市場動向

江東区と葛飾区の在庫が突出している。

東京23区新築分譲マンション市場動向

首都圏 中古マンション市場動向

都心3区の成約単価、上昇傾向。

首都圏中古マンション市場動向(22年8月)

年収倍率8倍!23区新築マンションには手が出ない

年収が上昇する以上に新築マンションの価格が急上昇。

年収倍率は20年に8倍を超え、21年は8.5倍。

年収倍率8倍

地震防災

総合危険度、5年間で改善・悪化している町丁目(23区)

都が9日に公表した「地域危険度一覧表(全5,192町丁目)」のうち、23区について可視化・分析。

大きく悪化している町丁目は少ない一方、大きく改善している町丁目は少なくない。

総合危険度、5年間で改善・悪化している町丁目はどこか

2022年 危ない街50!(東京23区)

震災時に甚大な被害が想定される地域はどこか?

震災時に被害リスクの高い地域は、マンション選びの候補地から外したい。

2022年 危ない街50

タワマン火災195件、火元3割が11階以上住戸!?

ガステーブル等からの出火には要注意!

タワマン火災195件

設計・建設会社

マンション選びでは、不動産会社の名前に注目しがち。でも、マンションの質を支えている設計事務所と建設会社(ゼネコン)にも注目したい。

設計事務所の売上高ランキングTOP50

上位4社の顔ぶれは変わらない。

日建設計(住友系)はダントツ、NTTファシリティーズは減少傾向。

設計事務所の売上高ランキングTOP50

建設会社の売上高ランキングTOP50

建築部門の売上高では大和ハウス工業 がダントツで、16年度以降1.3兆円超をキープしていたが、20・21年度は1.2兆円近くまでダウン。第2グループは、スーパーゼネコン5社が1兆円前後でひしめき合っている。

建設会社の売上高ランキングTOP50

設計事務所・建設会社「技術力」ランキング

1級建築士の数では日建設計がダントツ。

設計事務所・建設会社「技術力」ランキング
では、また来月!

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士/マンションアナリスト/マンション・チラシ研究家/長寿ブロガー(16年超)

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)