オリンピックで大注目!有明エリアの魅力とは?

スポンサードリンク

こんちには!
ふじふじ太です!

先日、Tokyo Wangan Clubさんにご企画頂いた「第三回ふじふじ太の湾岸座談会」では、今最も世界からの注目が熱いエリアだと言っても過言ではない、東京湾岸の有明エリアの魅力について、参加者の皆様と共に意見交換をいたしました。

ご参加・ご協力頂いた皆様、有難う御座いました!

早速ですが、座談会でみなさんが出して頂いたご意見をまとめた「作品」とも言える、ご意見ボードを共有いたします。

 



 

 

魅力だけでなくデメリットも含めた多くのご意見有難う御座いました!

立地、周辺環境、利便性、マンション、治安、将来性など、住民目線の具体的な意見も多数頂き、私自身気付かされることも多く大変勉強になりました。

上記ご意見を踏まえた上で、有明はどんな街なのか、今後どのような街になっていくのか、有明エリアを4つの視点から、私見も交えながらお伝えしていければと思います。

 

 

①スポーツの街!

 




↑有明アリーナ

まさに今オリンピック会場として注目を浴びておりますが、近い将来、有明=スポーツという価値観が定着していくと思います。

というかすでに定着しつつあるかもしれません。

有明には今までも有明テニスの森、有明コロシアム、有明スポーツセンター、バディスポーツ幼稚園、セガサミースポーツアリーナと、スポーツ関連の施設が多数ございます。

 


↑有明スポーツセンター


↑セガサミースポーツアリーナ


ご意見ボードにも「バディー有明で、色々とスポーツが学べる」・「テニスの聖地」というご意見もございましたね。

テニスマンの私としては、有明テニスの森がまた一般開放されるようになったら、朝練をしてから出社というルーティーンをまた確立したいと思っております。

オリンピック後も有明アリーナ、有明アーバンスポーツパークなどの施設がさらに増える形で、「有明レガシーエリア」としてスポーツ文化の賑わいに貢献していくことは間違いなさそうです。

 

体操競技場など仮設となっている施設もありますが、アーバンスポーツゾーンとして今後どのような使われ方をするのかも楽しみです。

 




体操競技場(仮設)

ちなみに、日本経済再生本部「成長戦略フォローアップ」によると、2025年までにスポーツ市場規模を現状の約1.5倍の15兆円まで拡大させようする国政の動きもございます。

 

日本は海外に比べてスポーツがビジネスになりにくい市場と言われておりますが、東京オリンピックをきっかけに日本のスポーツ界がより活性化していくと予想されます。

 

そうなると、有明エリアは将来的にスポーツ教育・スポーツイベントの中心地となる可能性があり、経済的なメリットを含め、街に新しい付加価値が生まれるのではないかと期待せずにはいられません。

 

今回の東京オリンピックでスケボー金メダルを取った堀米選手のように、東京都江東区出身の金メダリストが多数輩出されるようになると嬉しいですね!

よって、オリンピックが終わった後の有明の方が個人的には楽しみにしています!

 

 

②エンターテインメントの街

 


↑東京ビッグサイト

 

有明にはエンタメ・娯楽施設も多くございます。

 

■コミケ開催!というご意見もあったように東京ビッグサイト
■有明ガーデンの天空の湯(温泉)
■映画館劇場型イベントホールの東京ガーデンシアター(ライブ・コンサート)
有明四季劇場(ミュージカル)
■ミニチュアテーマパークのスモールワールズ東京
■有明コロシアム
■東京都水の科学館


↑有明ガーデン

 


↑有明四季劇場



有明コロシアム

 



スモールワールズ東京

などなどございますが、中でもやはり複合施設の有明ガーデンができたことは有明エリアにとって非常に大きな転換点でした。

有明ガーデンができる前と後で、街の様子が一気に変わったように思います。

 

街の賑わいが増し、街に訪れる年齢層も一気に若くなりました。
東京ガーデンシアターで、すでに多くの人気のアーティストが招致されライブやコンサートを行っているので、その影響もあるのでしょう。

今後10代、20代の若い方でも将来有明に住みたい!と思う人も増えていくのではないかと思います。

また、今年の2021年9月以降、有明四季劇場でオープニング作品としてライオンキングが上演される予定とのことで楽しみですね!

 

さらに、有明南地区には今後テレビ朝日とコナミによるエンタメ複合施設の開発予定もございます。

 

 


↑有明南地区完成イメージ図(港湾局資料抜粋)

 

お台場の隣ということもありますので、将来的にはお台場に並ぶ人気の観光スポットとして有明エリアも位置づけられているかもしれません。

 

 

 

③リゾートマンション

 

エリアの魅力もさることながら、マンションも非常に特徴的です。

プール、スパ、バーレストラン、スカイラウンジなどまるでリゾートホテルかのように、有明エリアほど共用部が充実しているエリアは他にないのではないでしょうか。

 






↑ブリリアマーレ有明のTHE33

 

東京都内や東京湾を一望できる眺望も魅力で、物件購入に当たって眺望を重視されている方には特にお勧めです。

スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジをすべて一望できるお部屋はなかなか存在しませんが、有明エリアの北西方角なら可能です!
※お部屋によっては見えないこともありますのでご容赦下さい。

 



↑北西向き眺望

北西だけでなく南向きの東京湾・お台場方面の眺望も負けず劣らず素晴らしいです!
ご意見ボードに、「南向き眺望最高」というご意見もありましたね。



南向き眺望

 

「駐車場が安く、設置台数が多いので複数台所有も可能」というご意見の通り、駐車場も都内の水準に比べると割安感があるので、車好きの方にもお勧めですね!

 

 

④発展途上!これからの街!

 



 

今まで記載してきた内容の通り、有明はまだまだ発展途上でこれからの街です。

新しい付加価値が生まれ、東京オリンピックが終わった後こそ本領発揮をするエリアだと思っております。
BRTなどのインフラ施設の本格稼働によって交通利便性も向上するのでしょう。

有明エリアに留まらず、近接の東雲、豊洲、晴海エリアも含め、オリンピック後の湾岸エリアのさらなる発展に大いに期待をしたいと思います!

 

本日は以上となります。
ご購読頂き有難う御座いました!

有明エリアでご購入・ご売却・賃貸ご検討の際は是非ご相談もお待ちしております!

私事ですが、連日のニュースやライブで選手の皆さんの活躍を見て元気をもらっております!
がんばれニッポン!!

スポンサードリンク

随時相談受付中。ふじふじ太に直接会って相談したい!という方はこちらから!

Twitterでも情報発信しています、アカウントはこちらから。ぜひフォローお願いいたします!

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

不動産コンサルティングマスター。湾岸マンション好きで某大手仲介を辞めて地場仲介に転職。現役不動産仲介マン。湾岸マンション価格ナビ編集長。自身も2017年に湾岸マンションを購入。不透明な不動産仲介業を透明化させ、失敗のない購入・売却のサポートをすることが使命!

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)