【浜松町汐留界隈】モモレジの名作マンション訪問【2016Vol.12】

スポンサードリンク

モモレジの名作マンション訪問Vol.12です。

本日は、浜松町汐留界隈です。
浜松町駅周辺は近いうちにレジデンスを含んだ再開発が複数予定されておりますが、現状の駅周辺は繁華街やオフィスビルが中心でレジデンスは少な目なエリアです。
しかしながら、このエリアは港区「湾岸エリア最高峰」と言っても過言ではない立地条件ということもあり、その数少ないレジデンスの中には見所のあるものがたくさんありますね。

今回の本命はここです。
スカイハウス浜離宮
(2011年築/25階/169戸)

IMG_7218[1]
半分から下はオフィスであり、レジデンスは13~25階の高層部に位置しています。
レジデンスは賃貸なのであまり知られていないかもしれませんが、この物件の立地は東京ツインパークスと互角以上と言っても過言ではない素晴らしいものです。
各方角に見所のある眺望が広がっているのが当物件の大きな特長の1つで、北は浜離宮、南東は東京湾、西側は東京タワーと多くの住戸から価値あるビューを望むことが出来ますね。

間取りや構造面なども見所が盛りだくさんな当マンションですが、2年以上前に本ブログの方で解説しているのでそちらをご覧いただくことにしてここではやはりデザイン面を中心に語りましょう。

⇒マンションの間取りや価格を言いたい放題!
【見事な動線と開放感】スカイハウス浜離宮16階89平米384,000円【坪賃料14,299円】

IMG_7210[1]
外観から明らかなように眺望の良さを活かすべくとにかく開口部幅と開口部高が優れた物件なのですが、デザイン面でそれ以上に特徴的と言えるのが全体的に緩やかにカーブしたフロア形状でしょうか。

IMG_7215[1]
北側から見上げるとこんな感じ。
もげぇ~。

IMG_7214[1]
美しい曲線だ・・・。
曲線にしたことで室内も整形ではない部分が多く存在しますし、合理的とは言い難い設計とも言えるのですが、そこに浪漫を感じてしまうのが悲しい性です(笑)
分譲ではこんなマンションはまず造られることはないでしょうね。
高級賃貸ならではです。ちなみに最も広い住戸は260㎡もある生粋の高級賃貸物件となります。

IMG_7212[1]
オフィスエントランスは2層吹抜の開放的な空間です。ガラスに四季劇場のライオンが(笑)。
レジデンスエントランスはちょっと控え目なので割愛(汗)。

お次も賃貸で
モメント汐留
(2011年築/23階/116戸)

IMG_7332[1]
こちらも下層はオフィスでレジデンスは14~23階の高層部となります。
当物件は本ブログで書いているように10フロアブチ抜きの14階のエントランスラウンジが素晴らしい物件です。

⇒マンションの間取りや価格を言いたい放題!
【10フロアブチ抜きのラウンジ】モメント汐留19階59平米235,000円【坪賃料13,145円】

IMG_7333[1]
外観デザインはイタリア街にある物件ということで、一般エリアではまず見ることが出来ない個性的なデザインが採用されており、高層部のレジデンス部分は特に開口部がかなり制限されているのが残念ではあるのですが、下部は吹抜の広場空間となっており、水盤や大きなツリーなども施された味のある物件です。

IMG_7339[1]
そしてお次はこのエリアに来たらはずせない
東京ツインパークス
(2002年築/47階/1000戸)

IMG_7329[1]
少々築年数が経過して最近の最新鋭タワマンと比べると少々地味な存在になってきた印象こそありますが、ここは取り上げないといけないでしょう!

IMG_7323[1]
広大な浜離宮に隣接したポジションが最大の売りなのは言うまでもありませんが、敷地南側はイタリア公園に隣接しており、首都高と線路に挟まれた立地条件など物ともしないだけの良さを持った物件と言えます。

IMG_7326[1]
分譲時はウェブ上に情報が溢れている今ほどではないにしろ、こういった周辺立地の悪条件も当然にクローズアップされましたが、築約14年ほど経過した現在においても坪単価500万円ほどの成約が珍しくないことがこの物件の高い評価を物語っているというものです。

IMG_7328[1]
そして、この物件のデザインで最も秀逸だと思うのはこの重厚感漂いまくりなエントランスです。
レフトウイングもライトウイングもメインエントランスはこのような門構えとなっています。
ここに来るといつもドラクエを思い出してしまう私・・・。
金のカギと銀のカギどちらが必要かな~(笑)

写真だと感じづらいかもしれませんが、横の石壁はかなりの高さがあり、圧倒されます。

おまけ
パークコート浜離宮ザ・タワーの建設地です。
部長殿と軽くかぶりました(笑)
すみません部長。

IMG_7315[1]
建設地から望む東京ツインパークス。

IMG_7319[1]
南東方向はラ・トゥール汐留(URはアクティ汐留)が視界を塞ぎますし、東京ツインパークスやそのラ・トゥール汐留ほどの高さもなく東京湾ビューが望みづらいのが難点ではあるのですが、真東に浜離宮、真西に東京タワーとかなり素晴らしいプレミアムビューが望めるポジションであるのは確かでしょう。

パークコート青山ザ・タワーの外観があまりに奇抜すぎて普通っぽいデザインのこちらの物件の影が薄くなっている気がする今日この頃ですが、三井さん安くしておくんなまし(爆)

IMG_7318[1]
東側は山手線や京浜東北線などの他、新幹線も通っております。ただ、当物件は敷地東側(線路側)にレジデンスよりもかなり背の低いオフィス棟が建設され、レジデンスは線路から結構離される形になるので線路が反映された価格にはならないのでしょうね。

価格帯は全く異なるものになりそうですが、同じ港区湾岸エリアのグローバルフロントタワーは第1期において東向きの東京湾ビュー(レインボーブリッジビュー)に比べ西向き(東京タワービュー)の人気が今一つで西向きの単価が伸びなかったのが記憶に新しいところで、ここの東向き(浜離宮+東京湾ビュー)と西向き(東京タワービュー)がどのような価格設定になるのか非常に興味深く思っています。

あっ・・・、
このスムログの名作マンションシリーズではマンションの「価格」についてはなるべく言わないって言ったのに言ってしまいました(汗)

IMG_7322[1]
モデルルームが向かいに建設中でした。
敷地北側、以前三井のリパークがあったとこですね。

こちらもど~ぞ。

マンコミュ検討版最新スレッド
東京ツインパークス
パークコート浜離宮ザ・タワー

マンションの間取りや価格を言いたい放題!
1,850棟4,100室超を掲載。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」管理人。利害関係のない第三者的な視点を徹底し、間取りや価格等について毎日記事を更新。これまでに扱った部屋数は6,300室を超える。 不動産業界の人間ではないものの、自己居住用及び投資用としてのマンション購入件数は10室を超えるプチ投資家という顔を持ち、猫とマンションをこよなく愛する。

メインブログはこちら
「マンションの間取りや価格を言いたい放題!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)