お便り返し その134「投資家も参戦してしまうような価格設定の新築マンションをどう思いますか」【マンションマニア】

スポンサードリンク

お便り返しとなります。




差出人:すねお

メッセージ本文:

マンションテンバイヤーの社会的意義を教えてください。

メッセージ:
スムログメンバーの皆さん、こんばんは。
いつも楽しく記事を拝読させていただいております。

長い賃貸生活を経て、今年愛妻、愛娘と新築マンションに入居した、投資(株、投資信託)が趣味の一般会社員です。

さて昨日今日で某タワーマンションのキャンセル住戸が話題になってますが、おそらく転売目的の申し込みが殺到しているものと想像されます。

私自身会社員ですし、かつ投資もしているので、その利益追及行動について否定するつもりはありません。一方で実需層の購入機会が制限されることに、何とも言えないもどかしさを感じます。昨今のマスクや漫画の転売に関するニュースがそれに拍車をかけているものと思われます。

冒頭の質問内容はそのモヤモヤを晴らすことが目的だと自認しています。資本主義社会に生きるものとして、そういった発想自体が甘いかもしれませんが、皆さんの意見を聞かせていただけると幸いです。




すねお様

マンションマニアです!

ご質問ありがとうございます!マンションマニアがご回答いたします!

新築マンションの購入、入居おめでとうございます!!

私はマンションテンバイヤーではないため実需目線で語らせていただきます。

まず、投資家が参戦するくらいの価格ということは実需側にとっても買えた時のメリットは大きいですね。

例えばですが5000万円で購入した新築マンションが入居時点で6000万円になっていたとしましょう。万が一入居までの間に住めない事情ができたとしても一旦引渡しを受けて売却をすれば諸費用と税金引いても250万円ほどは戻ってきますし、何よりおさめた手付金500万円を放棄する必要がないのは大きな魅力となります。そういったマンションは買うことが難しいことはデメリットとなります。

投資家が参戦しないような新築マンションは何十倍という大激戦になることは少なく買うのは難しいことではありません。ただし引渡しまでの間に住めない事情(自己都合)ができた際には手付金を放棄しなければなりません。一旦引渡しを受けて定価で売却できたとしても諸費用を考慮すると手付金放棄とたいして変わらない損失です。

①買うのは難しいけども買えた時には魅力が大きいお買い得新築マンション

②買うのは簡単だけど何らかの事情で住めなくなった際は数百万円損失する一般的な新築マンション

どちらを選ぶか問題ですよね。

結局のところ実需の方が①を狙うとして抽選で当たればニヨニヨとなり、落選すればマンションテンバイヤーこのやろーとなるでしょう。結果次第で発言は変わるかと。

そもそも価格設定は売主がしているわけで誰が悪いということもないかと思います。

ただ、実需目線で強く批判したいのはマンションテンバイヤーでも売主でもなく税制優遇です。中古(未入居だとしても消費税が非課税の場合)になった途端に住宅ローン減税が半分の200万円になったりとなにかと新築有利な税制優遇なのですよね。実需目線で①に申し込んで買えなくてもマンションテンバイヤーから相場価格で買うのは別に悪いことではないですしそれでいいと思うのです。でも税制優遇は合わせてほしいなぁ~と。もちろん消費税の部分などの絡みで統一したくないのはわかるのですが。。。

まぁ5000万円から6000万円に値上がる程度だと法人でやるんでしょうね。個人で活動しているマンションテンバイヤーっているのでしょうか??マンションの転売は税金との戦いなので法人有利になりがちです。そもそもマンションテンバイヤーからしたらマンション転売は片手間であってもっともっと大きなビジネスやってると思います。私からすると世界が違いすぎる、、、

ちなみに私は以前からお伝えしているように

「住みながら投資」専門です!(9件中1件だけは最初から投資目的で購入しましたが他は実需です)

例えばですが3000万円で新築マンションを購入、2年間住んで3年間賃貸運用(もちろん許可もらいますよ!)して退去したタイミングで3600万円で売却であったり、2600万円で購入して3年間住んで3400万円で売却などなど、渡り歩き9件目(実需8件目)となります!(価格はおおよそ)

住みながら投資だと自分が住む目的で買うので好きなのを買えますし、万が一値上がらなくてもそのまんま住み続ければいいのでリスクも少なめです!!

マンションテンバイヤーからすれば鼻で笑われそうですがこれまでの15年間の住宅費ほぼ0と思えば自分としては満足です!!

いろいろな人がいるのは当然のことでしょう。

・マンションテンバイヤー
・住みながら投資(マンションマニア)
・永住目的での購入

などなど。

ちなみに一番仲良くさせていただいているマンションテンバイヤーのお刺身おじさんですがめちゃくちゃいい人です!ただ、やっぱりテンバイヤーだわ~と感じるところは実需では家を買ったことがないことです(笑)何十回もマンション購入してきているのに自宅は賃貸!!その割り切りはむしろ好きです(笑)

私のブログ者層はほとんどの方が実需ですから私の影響でマンションテンバイヤーが殺到しているのではなく、もともとマンションテンバイヤーが目をつけていたマンションに実需層が殺到することになります。そのためマンションテンバイヤーからすれば「マンションマニアうぜー」となり実需層からすれば「マンションマニアのおかげで気が付くことができましたー!」となることがほとんどでしょう。実需層からお礼や喜びの連絡はよくきますがマンションテンバイヤーと思わしき人からお礼の連絡がきたことはありません。苦笑

SNSやブログで「転売したらこれくらい値上がる」と発言しているのは実需層に向けて「それだけお得なんですよ~」と伝えたいからです!

(もしマンションテンバイヤーの方がこの記事を見ているのであれば実需層の申し込みを増やし倍率が上がっていることお詫びいたします。けして私はマンションテンバイヤーが嫌いということではありませんがあくまで実需層へ向けたブログ運営をしていますのでご理解いただけますと幸いです。)

引き続きよろしくお願いいたします。




【お知らせ】

新築マンション・中古マンションの購入相談及びご自宅の売却相談を受け付けております!

マンションマニアへ購入・売却相談をご希望の読者様へ ~問い合わせ方法とお願い~

中古マンションの購入をマンションマニアと進めていくサービスも実施中です!

マンションマニアと中古マンションを探しましょう!!

常設店舗がございます。購入・売却・賃貸管理などのご相談お待ちしております!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店・池袋店・日本橋店・豊洲店・月島店・大阪店




マンションマニア公式ブログ「マンションマニアの住まいカウンター

マンションマニア公式Twitter フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式インスタグラム フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式YouTubeチャンネル チャンネル登録よろしくお願いいたします!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンション評論家のマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1000件超でマンション購入経験は9件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います! 運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)