今日OPEN!ビジネスエアポート渋谷フクラス(シェアオフィス)に行った話

スポンサードリンク

こんばんは、やまちゃんです。こんにちはの時間帯なのですが外が暗くて「こんにちは」か「こんばんは」か分かりません。

ここしばらく、長く付き合いのある後輩が訳あって私の自宅に居候しています。面白いので娘たちに「この人はじいじだよ」と教え込んでいたのですが、先週ついに「じいじ~♡」と呼ぶようになり、後輩の少し困った顔がとても不憫で、私と妻は笑いが止まりません。

 

さて今日のお話ですが、マンションとちょっと外れます。

ビジネスエアポート」ってご存知でしょうか?東急不動産系のシェアオフィスで、都内に複数店舗あります。わたくしここの会員でして、今日から新しく渋谷フクラス店がオープンしましたので早速行ってみました。

概要

名称:
ビジネスエアポート渋谷フクラス

住所:
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス17F

営業時間:
平日 8:00~21:00、日曜祝日 10:00〜18:00
(土曜、年末年始、当館指定日は休館)

アクセス:
JR、東急、東京メトロ各線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩1分

電話番号
0120-632-109

渋谷フクラス外観

利用プラン

冒頭のとおり、ビジネスエアポートはシェアオフィスです。

全店舗共通の利用プランとして、個人として利用するなら営業時間帯すべてで利用できるマスター会員(30,000円+税)か、平日デイタイムを除いた時間帯で利用できるプライベート会員(9,000円+税)があります。両方とも全店舗の共用スペースを利用できるため、店舗数が増えるほど便利です。

一方、下の表で「登記・住所利用可能」と書いてあるアドレス会員は、個人で会社をやっているような人向けのプランで、会社登記が可能になります。この価格帯になるとWeWorkと競合してきますね。

個室を利用できるオフィスプランもありますが、ここでは割愛します。

利用料金一覧

1つのアカウントがあればゲスト利用が2時間まで無料(超えたら500円/時間)で、社員や仲間と一緒に仕事するときに便利です。ゲストは3名まで呼べます(店舗により違い2名までのところもあります)。

使い方として面白いのは、法人名義で登録すれば、その法人の社員であれば1つのアカウントで誰でも利用できるということです。

ただし同時チェックインができないため、Aさんがフクラス店を利用してチェックアウトしてからBさんが青山店を利用する、みたいに時間帯をずらして利用する必要がありますが、コスパ考えるとなかなか良いです。

私は普段会社で仕事をすることがほとんどなく、窓が広いところ、天井が高いところ、景色のいいところで仕事をするととても気持ちが盛り上がってやる気が出るのですが、これまで行ったことのある店舗の多くは、午前中にいけばだいたい良い席が空いていて快適に利用できます。

なお渋谷には南平台店もあります。こちらは普段から人が多く、お昼すぎ~夕方まではけっこう混みます。よりアクセスの良いフクラス店も、しばらくすれば会員さんがたくさん流れて来そうです。

今回は触れていませんが、ほかにも会議室、電話用ブース、シャワーブース、コピー機、ロッカー利用、郵便物受け取りなど追加料金で利用できるサービスがあり、小規模な企業であれば下手に雑居ビルで部屋を契約するよりだいぶいいと思います。

 

シェアスペースの様子

(※事前に撮影許可はとってあります)

ビジネスエアポート渋谷フクラス1エントランスからの様子。かなり早めに来たので他の会員さんはそれほど多くありませんでした。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス2エントランス手前側の共用スペースの窓際には大きなソファが置いてあり来客と話をするだけならベスポジです。写真だと分かりにくいですが外の光がとても明るくて快適です。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス3共用スペースの面積はほかの店舗と比較しても広く、席数も多く設定されています。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス テーブルスペース作業用テーブル。1作業スペースあたりコンセント2口、USB1口が設置されています。もちろんWiFi完備です。(ネット速度が少し遅かったので改善期待)

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス 個人ブース個人用ブース。全16席設定されていました。集中して仕事するにはもってこいです。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス 本棚シャレオツな書籍が置いてる本棚。読むためというよりはインテリアのためという感じでした。新聞各紙やコンビニに置いてそうな雑誌類は少数ありましたが、他の店舗の方が雑誌の種類、ビジネス書が多い印象です。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス コーヒーコーナーコーヒー、紅茶、緑茶などは自由に飲めます。食事については、お弁当は11:30~13:00までの間で決められたスペースで食べられるということになっています。サンドウィッチ等、においの出ない軽食は時間によらずどの場所でも食べてOKです。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス 張り紙提携サービスやイベント等の告知が張り出されています。なんちゃら交流会の予定とかもそのうち出てくると思いますが、ああいうのでちゃんとした人脈ってなかなか出来ないんですよねぇ。。笑

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス スムログ今日は2名で利用しました。窓際の明るい席がやっぱ気持ちいいです。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス 屋外テラス屋外テラスは、春秋の天気が良い日なら気持ち良さそうでした。向こうに見えるのは渋谷マークシティ。

 

ビジネスエアポート渋谷フクラス 景色同じくテラスからの風景。なかなか良い景色です。左に見えるのはセルリアンタワー。

ビジネスエアポート渋谷フクラス オフィスレイアウトオフィスレイアウトは公式サイトから拝借しました。シェアスペースを広く取っている印象で、個人の会員にとっては嬉しい限りです。

 

シェアオフィスって今は勢いありますね。その昔、まだ六本木のIT企業に勢いがあった頃、六本木ヒルズに恐らく会員制シェアオフィスの草分け的存在だった「アカデミーヒルズ」というのがありまして、よく利用していました。

当時も雑居ビルに入ってるようなシェアオフィスはたくさんあったのですが、いかんせん狭くて地味だったんですね。

まだ今のようにモバイル通信が一般的ではなく、場所を転々とするとなると、ほかの選択肢はマクドナルドやルノアールのWiFiを使うくらいしかありませんでした。

そんな中、アカデミーヒルズは広いスペース、オフィスビル上層階、東京タワーが見える景色、カフェ併設など当時としてはものすごい付加価値があった割にとても安い月額で利用できて、同僚と「オフィス要らねーじゃん」と言ってましたが、数年もすると会員が大量に増えてしまい、なんか息苦しくなってしまって退会してしまいました。「あ~、この業態は来てるなぁ」と感じた次第です。

ビジネスエアポートも、たまたま店舗の1つが自宅に近いことが切っ掛けで入会したのですが、支払う費用を考えるとかなりリターンが大きいと言いますか、めちゃくちゃ大満足なんです。資本力ある企業がやってるシェアオフィスがお近くにあれば、ぜひ見てみて下さい。

この業界、もっと競争をして頂いて、もっと良質の場所・サービスを提供していただけるようになったら嬉しいなぁ、と思ってます。

 

渋谷フクラスについて

今回レポートした渋谷フクラスがある場所は以前、東急プラザがあった跡地で、12/5(木)にオープンしました。店舗エリアは主に年配の方をターゲットにした構成になっており、風変わりなお店も見かけます。

実は、フクラスのOPEN当日にビジネスエアポートもOPENしてると勘違いして乗り込んだのですが入れませんでした。人混みの中、長蛇のエレベータ待ちの時間がムダになってしまったのですが、幸い当日は天気が良く、同じフロアにある屋上庭園から良い写真が撮れたため、ついでにアップしちゃいます。

屋上庭園屋上庭園はこんな感じで、広いです。最近OPENした渋谷スクランブルスクエアの展望台と違って、ここは無料で上がってこられます。

渋谷スクランブルスクエア・渋谷ストリーム左に見えるのが渋谷スクランブルスクエア、右は渋谷ストリーム。駅周辺の再開発はまだまだ続きますが、こうやって見ると圧巻です。

スクランブル交差点も上から見下ろすことができます。写真だと分からないですが新国立競技場の建設地も見えます。

GMOグループオフィスエリアにはGMOグループが入居しています。セルリアンタワーにある本社はそのままで、周辺に点在していたグループ企業をフクラスに集め第2本社としているそうです。

デジタルハチ公店舗エリアにあるデジタルハチ公。これもGMOグループが手掛けているそうで最先端のホログラムディスプレイ技術を利用した「渋谷の新しい待ち合わせスポット」として機能するそうです(笑)

 

ということで突撃レポートでした。現場からは以上です!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

スムログ担当者です。その昔、某デベで新築営業した後、今のWeb業界に転身しました。
妻子供との5人家族+犬2匹、上に3歳児の双子の娘、下に1歳児の娘を持つパパです。