お便り返し その116「住宅補助が手厚い会社に転職する場合、現在住んでいるマンションを売却・賃貸に出すか、 補助は受けずにそのまま住み続けるか」【マンションマニア】

スポンサードリンク

お便りを1件いただいていますのでそちらを回答していきます!




差出人: 匿名

メッセージ本文:

マンションマニア様

いつも楽しく記事を拝読しております。
住宅補助のある会社への転職について、相談させていただきたくメールしました。

<質問>
住宅補助が手厚い会社に転職する場合、現在住んでいるマンションを売却・賃貸に出すか、
補助は受けずにそのまま住み続けるか迷っております。
現在の住居は昨年購入してまだ1年半ほどしかたっておらず、愛着もあり引っ越すのも心苦しく思っています。

<補足情報>
・夫婦二人暮らし(30代前半)
・世帯年収1100万程度(旦那:700万、妻:400万)
・昨年、城東エリアの新築マンションを購入(5500万フルローン)

・転職することで年収は100万円下がりますが、家賃補助が7割会社負担になります。(家賃上限18万/月)
・現在のマンションに住み続けると補助は出ませんが、
 副業可なので賃貸に出すことで、家賃補助はもらえます。
・転職先で現在の年収に戻すのに、3~5年かかる見込みです。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。




匿名様

マンションマニアです!お便りいただきましてありがとうございます!また、ご指名いただきましてありがとうございます!

戦略的にいくなら賃貸に出して(借入先がOKなら)自身はグレードや立地が同等もしくはそれ以上(月額18万円までなら同等くらいですかね)の賃貸マンションに暮らすことでしょう。

与信を活かして住宅ローンにて投資(借入先がOKなら)をしつつも自身は同グレード、同立地の分譲賃貸マンションでがっつり補助をもらい生活。補助外のキャッシュアウトが年間約65万円あるにしても住宅ローンの元本は年間約140万円減りますし賃料収入もそこそこ期待できるでしょう。価格維持率の高いマンションならごちそうさま状態です。

ただ、「愛着もあり引っ越すのも心苦しく思っています。」という部分に答えがすでに出ているのではないでしょうか。引っ越すのが心苦しいくらい愛着がある家を第三者に貸すというのは得られる金銭以上のストレスがあるかもしれません。

戦略的には貸すのが一番ですけど精神衛生上おすすめできないですね。そもそも金融機関がOKしてくれるかもわかりません。

今のままが家族にとって幸せなら無理に引っ越すこともないでしょう。

ただ、細かくヒアリングしてみないとわからない部分もありますので一度個別相談をご利用いただけますでしょうか。

引き続きよろしくお願いいたします。




【お知らせ】

新築マンション・中古マンションの購入相談及びご自宅の売却相談を受け付けております!

マンションマニアへ購入・売却相談をご希望の読者様へ ~問い合わせ方法とお願い~

中古マンションの購入をマンションマニアと進めていくサービスも実施中です!

マンションマニアと中古マンションを探しましょう!!

常設店舗がございます。マンションマニアと対面相談をご希望の方はお気軽にご来場ください!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店




マンションマニア公式ブログ「マンションマニアの住まいカウンター

マンションマニア公式Twitter フォローよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式インスタグラム フォロワーよろしくお願いいたします!

マンションマニア公式YouTubeチャンネル チャンネル登録よろしくお願いいたします!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンション評論家のマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1000件超でマンション購入経験は9件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います! 運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター

4 件のコメント

    • 匿名様

      マンションマニアです!コメントいただきありがとうございます!

      サブリースして自分が借りれば(やっやめろー)

      会社を首になるリスクもあるので冗談ですよ(笑)

      引き続きよろしくお願いいたします。

  •  昨今のフラット35不正 不動産投資事件で明らかになったように、
    所属企業が副業可でも、ローンを貸している銀行からすると、半永久的に賃貸にするのは、
    契約違反なのではないでしょうか。
     住宅ローンの金利が個人でなぜ一番安いかというと、自分で住むから空室リスクが
    ないからで、銀行からすると、とりっぱぐれ率が低いからです。
     本格的に分譲賃貸で儲けるならば、空室リスクや事業リスクが生じるため、
    銀行は、「期限の利益」を解消し、分割払いをやめ、
    一括返済を求めることもできれば、キャンペーン金利を解消し、賃貸事業用ローンの金利に直すこともできます。借り手は何の文句も言えません。銀行に、ばれなきゃいいとかそういう問題ではありません。
     もちろん、転勤で、数年したら戻ってくるという条件ならば、銀行と相談して、堂々と定期借家権賃貸には出せますが、世の不動産業者は、これと、上記のような、自己都合の賃貸貸しをわざと混同させて、マンションなんていつでも貸せますよ、と買わせる。
     新しい消費者の味方のマンションマニアさんがそういう商売をしてほしくないですけど。
     言い換えると、自宅マンションを好き勝手に賃貸に出せるのは、
    1) 住宅ローン完済後か、
    2) 一時的な、帰ってくる転勤で、銀行も認めた場合か、
    3) 最初から分譲賃貸用の事業用ローンか現金で買う。
     自宅を賃貸に出して、もっと良い家に住むというのは、売却よりもハードルが高いです。

    • かわ先様

      マンションマニアです!

      判断するのは銀行ですので

      ・嘘を付かずに相談する

      これが一番かと思います。

      そこで貸すのダメよ~と言われたら貸すのはダメですし、しょうがないわね~ならお言葉に甘える。

      何事も嘘はダメだという認識でおります。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)