マン点ニュース19年8月(市場/本/ほか)

スポンサードリンク

不動産ブログメディア「マンション・チラシの定点観測」に投稿した8月の記事のなかから、マンション選びに役立ちそうな記事をピックアップ

【もくじ】

マンション市場(5件)
本の紹介(3件)
その他(2件)

マンション市場(5件)

首都圏新築マンション市場|契約率の落ち込みは続くのか

18年度は62%と大きく落ち込んでいる。

契約率の落ち込みは続くのか

首都圏新築マンション市場動向|失速!?

即日完売物件ゼロ。
7月に億ションの割合が激減したのは、一時的な現象なのか。

首都圏新築マンション市場動向

首都圏中古マンション市場動向|都心3区成約単価、足踏み状態

都心3区では、120万円を目前に足踏み状態が続いている。

首都圏新築マンション市場動向|平均値と中央値で比較

16年以降、平均値と中央値の差が拡大。
これは16年以降、専有面積が小さい(狭い)物件の数が多くなったことを意味している。

投資用マンション市場動向|一般分譲マンションと逆の動き

一般分譲マンションは狭く高く……。

面積・単価の推移(一般新築分譲マンション)
投資用マンションは広く高く……。

投資用マンションは広く高く

本の紹介(3件)

ちきりん著『徹底的に考えてリノベをしたら・・・』

”自分の頭で考えている”だけあって、痒い所に手が届いている良書。
中古マンションのリノベーションを検討している人には、強くおススメしたい。

『臨界点を超える世界経済』都25年から人口減、不動産は下落トレンド

強くお勧めしたい1冊。
ただし、本書を読みこなせるか否かはあなたの金融リテラシの高さ次第……。

ブラタモリ!? 三浦 展著『娯楽する郊外』

写真や古地図なども掲載されているので、ブラタモリ的に楽しむことができる。

その他(2件)

羽田新ルート|金持ちは逃げ足が速い

逃げ遅れるのは、いつも庶民。

金持ちは逃げ足が速い

羽田新ルートが不動産価格に与える影響について

来年の1月以降、品川・港区以外の区でも新ルート周辺のマンション価格への影響が出てくる可能性が高いのではないか。
なぜならば……。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンションアナリスト。11年間で5,000枚のマンション・チラシを“読破”したマンション・チラシ研究家。一級建築士。

不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」
twitter.com/1manken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)