スポンサードリンク

2017年10月10日 お詫びを兼ねて

いつもスムログのご愛読を有難うございます。本稿はお詫びです。

 

9月30日の第95回で、全国のマンションをご相談の対象としている旨、具体的には以下の表現をしましたが、たちどころに沢山のメールをお寄せいただきました。

 

「最後に付け加えると、一般的なご相談ではなく個別物件でお答えできる対象エリアは全国です。関東以外に、札幌、仙台、福島、新潟、金沢、宇都宮、静岡、浜松、名古屋、京都、兵庫、大阪、香川、松山、岡山、広島、福岡、熊本、長崎、大分、鹿児島などが弱くないエリアです」

 

ご相談の内容は一般的な見解ではなく、「具体の物件についてどう思うか」というものも少なくありませんでした。そのことでお詫びとお断りをしなければなりません。

 

具体的に物件の評価をしなければならないようなご相談は、申し訳ないのですが、無料サービスの範疇を超えてしまいます。筆者は、机上調査であっても航空写真と地図、グーグルストリートビューを使って現地まで辿ってみる(ときには現地へ飛んで確認する)ことはもちろんのこと、市場データも調べたうえで対象マンションの価値評価を行い「評価をレポート」としてお送りしていますので、それなりの時間がかかるのです。

 

東京地区の物件でも、作業時間は3時間から5時間を要します。地方物件は市場データが整備されていないため、東京の2倍から3倍の時間を要します。

 

従って、一般的なお尋ね、例えば「直貼りマンションについて、どう思われますか?」や「駅から徒歩15分を要するマンションについてどう思われますか?〇〇市の場合で教えてください」、「200戸の大規模マンションは〇〇市の場合、どのように見るべきでしょうか?」、「〇〇という実績のない会社のマンションについてどう考えたらいいでしょうか」、「〇〇市の郊外〇〇地区のマンションの資産価値はどのように考えたたらいいでしょうか」などは短時間でお答えを文章にすることできます。

 

それ以外の「〇〇市のAマンションとBマンションで迷っています。どちらがいいですか?簡単で結構ですので教えてください」的なご質問にはお答えできないのです。なぜなら、HPを見た程度では本当のことは分かりませんし、底の浅い物件把握で無責任なお答えはしたくないからです。

 

地方都市の物件について評価レポートは有料にさせていただいています。探し回ってデータを見つけるのは無論、何度も訪問したことがあって土地鑑がある都市、過去に何年か住んでいた都市もありますが、街の隅々まで知っているわけではないので、きちんと調べたいのです。

 

また、街の性格や人気度はおおまかに知っていても、市場動向といった目に見えない要素については調査して行かなければなりません。まして、具体的な物件の価格が価値に見合うかどうかということが大事な調査ポイントにもなるので、簡単に、おざなりの意見などできません。

 

こうした考え方にもとづき、折角メールをくださった何人かの方にはお断りをさせていただきました。失望されたかもしれませんが、ご賢察のうえ、ご容赦ください。

 

筆者の一文、短いフレーズがご相談者の失敗、反対に購買チャンスをロスするかもしれないのです。いい加減な仕事はできません。こうしたスタンスなので、それをご承知の上でご相談・ご質問をお寄せいただきたいのです。

 

今回のブログ投稿から誤解を招いてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 

 

筆者が提供している2大サービス(物件評価サービスと将来価格の予測サービス)は、マンション購入の様々な不安を取り除くこと、疑問点を解決すること、客観的な評価することなど通じて、購入の指針や決断に資することが狙いです。

 

これまで延べ3000人にレポートをお届けして来ました。中には、レポートが購買意欲に水を差し、もしくは惚れた物件をけなされたかのような感情を起こさせたらしく、「届いた」の返事さえ下さらないことに時々悲しくなりますが、「素晴らしい物件だ。ご決断です」などと称賛したのでは筆者の存在価値はありません。

今後も、客観的で厳しい評価をしつつ、助言・進言をさせていただく所存です。

                  三井健太

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マンション業界の裏側を知りつくした、OBだからこその視点で切り込むマンション情報。買い手の疑問と不安を解決。マンション購入を後押しします。

運営ブログ:「マンション購入を考える」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。