クソ良い物件オブ・ザ・イヤー2023

スポンサードリンク

今年も大いに盛り上がったクソ物件オブ・ザ・イヤー。

今回は私の独断でクソ”良い”物件オブ・ザ・イヤーを2物件選定させて頂きます。

選定基準としては、

・今後価格の伸びしろがある

・あまり知られていない良物件

です。

 

①パークタワー品川ベイワード

 


 

【物件概要】

所在地:東京都港区港南3-5-10

交通:JR山手線『品川』駅徒歩12分

分譲会社:三井不動産レジデンシャル

階数:32階建

総戸数:326戸

築年月:2006年1月

共用施設:

1階
・ラウンジ
・ビューデッキ
2階
・ミーティングルーム
・ゲストルーム
・託児所
21階
・パーティールーム

 


現在最寄り駅が品川で徒歩12分となるため坪単価は400~500万円で取引されております。

2025年高輪ゲートウェイの本格開業により東口ができると徒歩10分以内となります。

 


また、向かい側に日鉄興和不動産の新築マンションが2026年に竣工予定で名称はリビオタワー品川になると予想されております。

2024年に価格発表があるとみられておりますが、北側芝浦に2023年竣工したプラウドタワー芝浦が坪600~700万円程度で取引されているので700万~800万円程度になると予想されます。

そうするとパークタワー品川ベイワードは現状の取引金額から大幅に相場が上昇する可能性が高いと予想されます。

築年数はある程度経っているものの三井不動産のパークタワーシリーズで運河沿い、共用部も充実しており素晴らしいマンションです。

 

②晴海テラス


【物件概要】

所在地:東京都中央区晴海5-1-9

交通:都営大江戸線『勝どき』駅徒歩10分

分譲会社:コスモスイニシア

階数:20階建

総戸数:378戸

築年月:2009年3月


現在坪350~400万円で取引されておりますがドゥトゥールから環状二号線を挟んで何もない環境だったためです。

それが南側のHARUMIFLAG街開きによって環境が圧倒的に変化すると予想されます。

物件自体は黒い外観でスタイリッシュで堅実に良いマンションと言えます。

共用部はないけれどコンシェルジュがあり高級分譲マンションとしては充分です。

ドゥトゥールが現在550万円~600万円でじわじわ値上がりしている現状をみると晴海テラスも値上がりしてしかるべきかと思われます。

 

まとめ

 

今回独断で今後の資産性に期待している物件を挙げさせて頂きましたが、まだまだたくさんあります。

マンションは賢く購入すれば必ず人生が優位に働きます。

皆様のマンション探しが上手くいくことを心よりお祈りしております。

 

スムログ記事

この記事を見ている人はこちらも見ています

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

東京都心マンションソムリエ稲垣ヨシクニです。 東京都心部マンションの物件紹介、エリア紹介、購入基礎知識などを発信していきます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)