お便り返し その326「マンション高圧一括受電方式のマンションを購入しましたがどうですか?」【マンションマニア】

スポンサードリンク

お便り返しとなります。





差出人:ルンバ飼いたい猿

マンション購入を去年から検討し始めた頃から、こちらのブログに出会い、いつも楽しく拝見させて頂いております。

皆様のブログを参考にしつつ、私達夫婦で相談した結果、猿レジを購入することにしました。

こちらのマンションは、マンション高圧一括受電方式の為、個別で電気契約が出来ないと説明されました。

今まで、5回の引越を経験しましたが、個人で自由に契約していたので、高圧一括受電方式について今回を機に初めて利用することになります。

自分なりに調べて仕組みを理解することは出来たのですが、消費者としての視点で利用されてる記事などを見かけることが出来ず、正直イメージがイマイチ掴めてないです。

個人契約した時よりも、どの程度電気代が抑えられるのか?定期メンテで停電の時はどうしたらいいのか?専有部でもプランはあるのか?10回引越されたマンションマニアさんの経験からご教授頂きたくご質問致しました。

よろしくお願いいたします!





ルンバ飼いたい猿様

マンションマニアです!

お便りいただきありがとうございます!

猿江恩賜公園レジデンスの購入おめでとうございます!!

住吉駅からの帰り道にあの素敵な眺望…思い出しただけで興奮してきました(笑)

高圧一括受電に関してですが電気の専門家ではないため細かい部分まではわからずで申し訳ございません。

考え方としてはインターネットの一括方式と似ています。マンション全体でインターネット一括契約の場合は個人契約ではなかなかお目にかかれない月額利用料となりますからお得ではあるもののそれで満足いかない人にとっては独自で契約する際には二重払い(独自契約できるかはマンション次第)となってしまいます。一括契約から抜けることはできないですからね。

高圧一括受電方式に関しても同じでまるっと契約のため「共用部含めて考えればお得(共用部削減プランの場合)」です。マンションは共用部含めて自分たちの財産なわけですから共用部の電気代だって自分たちで負担しているわけです。高圧一括受電方式でなければ専有部は好きな電力会社でお安く~とできたとしても共用部に関しては高圧一括受電方式の恩恵を受けられないこととなってしまいます。

個人で交渉ではなく数百人で交渉(新築時からの設定のため交渉はしないですが考え方として)したほうがよりお得な料金となる。でもそれは共用部含めた話ですよ~ということです。

猿レジはソレッコでしたでしょうか?それであれば各戸の電気料金を低減、太陽光で発電した電力を共用部で使用して管理組合の電気代負担を少なくするものです。

高圧一括受電方式の場合には専有部の電力会社を自身で変更することはできないけども共用部含めればしっかりと恩恵を受けていると思えば納得しやすいのではないでしょうか。

まぁ高圧一括受電方式は区分所有者にとてつもない旨味があるというほどではないのですが、後から入れるのはなかなか難しい(全戸の電気契約者から承諾が必要)わけで新築時に設定されていたらそれを受け入れるしかないでしょう。(本気で変えたいなら契約更新時期に合わせて管理組合で頑張ることはできますが…)

自由化~再エネ~など今の時代からすると専有部と共用部を切り分けてそれぞれで安いところを見つける~というのが時代に合っているのかもしれませんが一括だからルンバ飼いたい猿様がめちゃくちゃ損しているのですよ~というわけでないことはたしかです。

1~3年に一度点検のため全館停電となりますが丸一日ではないですし事前に告知があります。床暖房等の時計合わせが必要だったり、好きなテレビ番組の録画と被ったら誰かに頼まなければ~などはありますがそんな不安になることでもないかと思います。

少し話はそれますがこれからはゼッチのオンリミテッドマンションが増えていきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

ご相談お待ちしております!!


マンションマニアへ購入・売却相談




 




マンションマニア公式YouTubeチャンネル

マンションマニア公式Twitter

マンションマニア公式インスタグラム




関連記事

猿江恩賜公園レジデンス 予定価格と間取り モデルルーム訪問

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【猿江恩賜公園レジデンス】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

スムラボ記事

ABOUTこの記事をかいた人

マンションブロガーのマンションマニアです!モデルルーム訪問件数は1500件超でマンション購入経験は10件になりました。エンドユーザー様に近い存在であることをモットーに皆様のお役に立つ記事を更新していきたいと思います!
運営ブログ⇒マンションマニアの住まいカウンター
スムログ出張所⇒おすすめ新築マンション価格調査

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムログ出張所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)